保険カテゴリアイコン保険

更新日:

Q

保険を考えなおしたいけど、重視すべき点は?

相談者プロフィールアイコン

さこさん
女性 / 30代 / 福岡県 / 会社員

30代もそろそろ半ばに差し掛かろうとしているこの頃、やはりふと考えてしまうのは、病気になった時の対処方です。 ちょっとした病気ならですが、癌などのやっかい病はお金もかかるし、仕事もままならず、収入も減ってしまいますよね。保険にはかたっていますが、治療費全額を保険でまかなえるかというと、NOです。 保険の内容をかえるにも、なかなか決心もつきません。 保険にかたる場合は、どの点を重視すべきなのでしょうか? まだ子供たちも小さいので、なるべく生活に(お金)負担をかけたくないので、悩んでいます。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像宮下(保険アドバイザー)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
宮下(保険アドバイザー)プロフィール画像
宮下 / 保険アドバイザー

さこさん、はじめまして。 保険アドバイザーの宮下です。 さて、保険をかえるかどうかでお悩みのようですが、考えていただきたいのは受け取るときのことです。 おっしゃるようにがんや脳卒中、心筋梗塞のような三大疾病の場合、治療期間が長くなったり、治療費が高額になることがあります。 とりわけがんに関しては、入院ではなく、通院での治療が多くなっているのが実情です。 症状にもよりますが、完治までの期間は約3年といわれています。 抗がん剤治療の場合、徐々に薬の効果が減っていき、薬を変えることになるケースもあるようです。 保険適用外の薬となる場合もあるので、その場合、全額自己負担になります。 そういったこともお考えいただく必要もあるでしょう。 まず、どんなときに備えたいのかをお考えいただき、保障を持つのかをお決めいただくといいのではないでしょうか。 生活に負担をかけたくないというのはわかりますが、病気になったときの負担も考えていただくと、少し見方が変わるのではないかと思います。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

さこ さん

そうですよね。。 少し考え方を変えて、もしもの時にしっかり備えたいと思います。 ありがとうございました☆

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

保険は、万一の時に入っていれば安心ですが、保障をたくさん増やせばその分、保険料の負担も大きくなります。なので、保障内容は考えればきりがありません。負担が軽くなるという考え方で割り切ることも大切だと思います。 健康保険に加入していれば医療費は3割負担で、ひと月に医療費が高額になっても高額療養費制度があるので自己負担の金額は収入によって違いますが8万円前後になります。なので、自己負担分をまかなえる貯金があれば医療保険は必要ありません。 そして、基本的に医療費が高額になるのは、入院の時になります。自己負担分も負担したくない場合は、1日あたり5,000円の入院保障内容があれば、十分まかなえると思います。掛金が安い県民共済は月額2,000で加入できるので、負担が少ないと思います。 ご参考いただければ幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事