相続・贈与カテゴリアイコン相続・贈与

更新日:

Q

家族になるべく多くのお金を遺してあげたいのですが…

相談者プロフィールアイコン

kooさん
男性 / 30代 / 東京都 / 会社員

私は36歳の男性です。今度新たに所帯を構えることになり、彼女のお腹には新しい命が宿っています。ただ私と彼女には10歳以上の年齢差があり、私にリタイヤの時期が早く訪れることなどから、彼女は先々のお金のことがいくらか気にかかっているようです。 そこで万一私が健康面で何かがあったとして、少しでも家族にお金を遺したい場合、ライフプランを組み立てるという観点のほか、いまからできる準備など、どんなことがありますでしょうか。避けて通れない相続を見越して、生命保険には人並み以上に加入しており、これからもなるべく多くの資産を保有しすぎないように備えていくつもりではいます。

1名の専門家から回答があります
森井(証券アナリスト)のプロフィール画像

専門家の回答

森井(証券アナリスト)プロフィール画像
森井 / 証券アナリスト

kooさん、こんにちは。家族になるべく多くのお金を遺してあげたい、というご相談ですね。 お子さまが成人するまでの間は、ご自身にもしものことがあった場合に家族を助ける死亡保険が3000万円程度必要です。ネット生保や共済であれば、掛け捨て月々3000円程度でカバーできるものと存じます。 その他は、家族のために一生懸命働いて、資産を作ることです。もしものときを考えるよりも、頑張って出世して収入を増やし、家族を不自由なく養うことが大事であると考えます。 そして、貯蓄がある程度貯まったら資産運用も開始して、お金を増やしていけばよろしいかと存じます。老後資産であれば、イデコがおすすめです。ご参考になれば幸いです。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

koo さん

ご回答ありがとうございます。イデコはいいですね。さっそく彼女と相談し、検討してみます。
返信アイコン森井(証券アナリスト)プロフィール画像
森井 / 証券アナリスト

お役に立てて幸いです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事