相続・贈与カテゴリアイコン相続・贈与

更新日:

Q

実家の家、土地の相続はするべきか、放棄したほうがいいのか。

相談者プロフィールアイコン

makoboyさん
男性 / 50代 / 東京都 / 会社員

 親と離れて、自分の家を持っております(都内)。実家(静岡)は土地も家も親のものです。高齢ゆえ、もしも親が亡くなった場合のこれらの土地家を相続するのにどういった手続きを踏んで、実際に相続するとなるとどれくらいの費用がかかるのでしょうか。ネットで見てもよくわからず、また実際に相続を仮に放棄して、その家、土地を売るにしても更地にしたりしないといけないようなことを聞きました。そう言った場合の手続きはどういう順序でいつの段階でやったらいいのでしょうか。親がボケる前にそう言った話も少しは出ているのですが、なかなか進めることができません。  自分の年収は税込で400万くらいで家内は1,000万くらい、現在の生活でもそれぞれの財布はそれぞれで管理という形をとっているので、家内の金額は当てにはできない次第です。子供の学費とかは双方で割り勘にしております。

1名の専門家から回答があります
小林(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

小林(FP)プロフィール画像
小林 / ファイナンシャルプランナー

makoboyさん、はじめまして。 相続については、関心のある人が多くいろいろな情報もあるのですが、実際にはその人ごとに状況が違うため、千差万別で難しい問題ですね。 ご質問にある静岡の土地は現在親御さんがお住まいかと思われます。もし、makoboyさん以外に相続人がいないか、いてもその土地建物は必要ないのであれば、相続放棄ということもあり得るのかもしれません。ただし、相続放棄をすると他の相続財産も含めて一切相続することができなくなることは、あらかじめ知っておく必要があります。実際に相続放棄を行うには、相続発生後3か月以内に家庭裁判所で手続きを行わなければなりません。 また、相続放棄ではなく相続後売却という選択肢も検討されてはいかがでしょうか。相続した空き家をその後売却した際には、譲渡所得(売却代金から取得にかかった費用を控除した後の金額)が3,000万円まで税金が発生しない特例が作られたため、売却しても所得税が発生しないケースは多くあります。ただ、この特例の適用を受けるためには耐震基準を満たしていないといけないなどの条件があるため、耐震工事の費用が別途かかる可能性はあります。さらに、相続した際に相続税が発生するのであれば、その土地建物に対する相続税は取得費に含まれるという特例もあります。 相続放棄ありきで考えると、思わぬ損をしてしまうかもしれません。いろいろな可能性を検討されてはいかがでしょうか。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事