保険カテゴリアイコン保険

更新日:

Q

人生で一度も保険に入ったことがないので、何に入ったらいいのかがわかりません。

相談者プロフィールアイコン

ゆうさん
男性 / 30代 / 群馬県 / 会社員

独身男性(33歳)です。 保険といえば車につけている自賠責と任意保険くらいで、自分自身に保険をかけたことが一切ありません。 日本人の死因といえば第一位が「悪性腫瘍」だといわれているので 最低でも「がん保険」のようなものを考えていますが、保険をかけるとしたら掛け捨てタイプと積み立て型、どちらが良いのでしょうか。 また「がん保険」以外にもあったほうがいい保険があったら、専門家の観点からご助言頂けたらなと思います。 是非よろしくお願いします。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像青山(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

保険の考え方は、必要最低限の公的保障では賄えない部分を補うという考え方でいいと思います。万一の時に保障はたくさんあれば、あるに越したことはありませんが、保険料も必然的に高くなり生活費にまで影響します。なので、保険料負担の小さい、掛捨てタイプの保険がいいと思います。 健康保険に加入していれば医療費は3割負担になり、高額療養費制度もあります。なので、極端に言うと貯金があれば保険はいらないという方もいますので、過度な保険に加入の心配はされなくても大丈夫だと思います。 単身者の方であれば、残された家族の為に生命保険に加入する必要もないので、自身の医療保険だけで十分だと思います。県民共済などは、何に加入していいのかわからない方にはバランスが取れた保障になって、月額2,000円と掛金も安いので検討されてもいいかと思います。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ゆう さん

素早いご回答ありがとうございます! ずっと不安だったのですが、プロのファイナンシャルプランナーさんにお答えいただけたので、安心できました!

青山(FP)プロフィール画像
青山 / ファイナンシャルプランナー

独身であれば、基本的にはがん保険だけでいいと思います。貯蓄が少なければ医療保険も必要ですが、貯蓄が280万円あれば、まず必要ないでしょう。どれだけ多額の医療費がかかったとしても自己負担は例えば毎月9万円(収入によって異なります)で済む、高額療養費の給付という公的制度があるためです。また、会社員の場合、給与の2/3が最大1年半支給される傷病手当金もあります。しかしがん保険は必須です。がん治療は入院治療から通院治療の時代になりつつありますが、通院治療は何年も続く場合が多く、高額療養費制度を活用しても年間約100万円の費用がかかります。そのため、がんになったら一時金で100万円もらえるような、一時金タイプのがん保険で備えることをおすすめします。一時金は1年経過後、または2年経過後も治療をつづけていれば、またもらえます。終身がん保険の掛け捨てタイプがいいでしょう。

ありがとうアイコン

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事