保険カテゴリアイコン保険

更新日:

Q

失業保険 給付制限期間中のバイトについて

相談者プロフィールアイコン

ゆいさん
女性 / 30代 / 静岡県 / 主婦・主夫

こんにちは 現在失業保険の給付制限期間中の者です。 ネットで飲食店の覆面調査員を見つけ、今週行う事となりました。 報酬は最大3500円です。 この報酬はポイントで貰えるのですが、その場合もハローワークへ報告しなくてはいけないのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像原(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

給付制限期間は自己都合で退職した人が、待期期間7日間のあと、さらに3ヶ月間支給されない時期になります。 「待機期間」の7日間は絶対にアルバイトをしてはいけません。待機期間は、「本当に失業しているのかどうか」を確かめるための期間になります。 そして、給付制限期間のアルバイトは継続的にはならずに、短期的な場合は可能です。失業給付の支給額が減額されるような不利益もありません。ただ、必ずハローワークに確認するようにしてください。アルバイトの日数や時間数に制限があるところや、所定の書類を提出しなければならないところもあります。 また、アルバイトの日数や時間数があまりにも多すぎると、「失業状態ではない」と判断される可能性もあります。 ポイントサイトの報酬も収入になりますので、ご相談の回答としては、報告するということになります。 ご参考いただければ幸いです。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ゆい さん

ご回答ありがとうございます。 詳しく教えていただき、理解いたしました。 ありがとうございました。

原(FP)プロフィール画像
原 / ファイナンシャルプランナー

ゆいさん 初めまして。ファイナンシャルプランナーの原です。 ご質問に回答させていただきます。 結論から申し上げますと、 「ハローワークへは報告してください」。 失業手当の給付中もアルバイトや副業は認められております。 しかし、以下のような制限がありますので、ご注意ください。 ■1日4時間未満、週20時間未満の契約 ■ハローワークでアルバイトなどを行っていることを申告すること ■失業給付を全額もらいには賃金日額の80%を超えないようにすること 今回の場合は、上記は満たしておりますので、問題はございません。 お気をつけてほしいのは、アルバイトや副業などを行っているが申告をしていないことになると、厳罰があります。 ですので、ハローワークには報告を行うことをお勧めします。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ゆい さん

ご回答ありがとうございます。 申告漏れの無いよう、報告いたします。 ありがとうございました。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事