保険カテゴリアイコン保険

更新日:

Q

保険料と年金を節約できる?

相談者プロフィールアイコン

NAOさん
男性 / 20代 / 大阪府 / パート・アルバイト

私は大企業でアルバイトしています。 時給は920円で通勤手当を支給しています。 契約では週4で実働6時間勤務ですが、実際は毎回残業で実質実働7時間です。 組合保険と厚生年金に加入しています。 週4で7時間勤務より週5で8時間勤務の方が保険料と年金の納付額が減り支出が減る等メリットがあるのでしょうか。 会社はフルタイムの方が支出を抑えられるそうですが。 週4で7時間勤務より、扶養内勤務にして、父の協会けんぽの扶養内に入った方が支出を抑えられるのか教えてください。

1名の専門家から回答があります
高橋 淳也(社会保険労務士)のプロフィール画像

専門家の回答

高橋 淳也(社会保険労務士)プロフィール画像
高橋 淳也 / 社会保険労務士

高橋淳也社労士事務所

福島県 > 福島市

こんにちは。 週4日7時間勤務と週5日8時間勤務の場合の健康保険料と厚生年金保険料の違いについてですが、仮に通期手当を月10,000円、週4日勤務のときの月の勤務日数を16日、週5日勤務のときの月の勤務日数を20日とすると、1か月の報酬月額は、 週4日7時間勤務の場合は、 920円×7時間×16日+10,000円=113,040円となります。 週5日8時間勤務の場合は、 920円×8時間×20日+10,000円=157,200円となります。 健康保険料率は管轄の組合によって異なりますので、協会けんぽの表にこれを当てはめると、 週4日7時間勤務の場合は、 健康保険料5,594円、厚生年金保険料10,065円となります。 週5日8時間勤務の場合は、 健康保険料8,136円、厚生年金保険料14,640円となります。 以上により、週4日7時間勤務よりも週5日8時間勤務のほうが、健康保険料・厚生年金保険料ともに会社負担も本人負担も増える計算となります。 また、扶養内に入れば健康保険料の負担はありませんが、国民年金保険料の負担があります。 平成30年度の国民年金保険料は月16,340円ですので、上記で試算した週4日7時間勤務の場合の健康保険料と厚生年金保険料の合計額とほぼ同じになるかと思います。 以上、ご参考になれば幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

NAO さん

ご回答ありがとうございました。 大変参考になりました。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事