不動産・住宅ローンカテゴリアイコン不動産・住宅ローン

更新日:

Q

住宅ローンの繰り上げ返済はいつから

相談者プロフィールアイコン

にしさん
女性 / 30代 / 埼玉県 / 主婦・主夫

現在、地元の銀行の住宅ローンでマンションのローン返済中ですが、変動金利なので固定金利と違い今後返済額がどうなるのか心配です。 さっさと早めに繰り上げ返済していた方がお得になるのか、またローン返済を始めてから10年経っていないのでその場合は繰り上げ返済すると戻ってくる分がなくなるなどしないか気になっています。 いつ頃から繰り上げ返済を始めたら損をせず、かつ毎月の負担、返済総額を減らせるか知りたいです。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像林(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

地元の銀行で住宅ローンをご契約されているとのことですので、10年間は住宅ローンの年末残高の1%が住宅ローン控除として、その年の支払った所得税または住民税から控除されます。 一般的には住宅ローン控除期間の終了後に返済するのがいいとされてはいますが、控除額は住宅ローン年末残高の1%なので、ローンの借入金利が1%以上だと、早期返済の方がお得になる場合もあります。 住宅ローンの繰り上げ返済は、毎月の支払い額はそのままで返済期間を短くする返済期間短縮型と返済期間はそのままで毎月の支払額を少なくする返済額軽減型があります。家庭事情に合わせてご検討ください。 お子様の教育資金もこれからますます必要になってくるので、住宅ローンの繰り上げ返済に資金を費やしすぎると教育資金が不足し、借入れしなければならないということも起こりえるので、その点もよくご検討ください。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

にし さん

ご回答ありがとうございます。教育資金を考えて余裕を持って繰り上げ返済を計画していこうと思います。
返信アイコン内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

にし様にとって、より良いライフプランのお手伝いとなれば幸いです。 金融や家庭状況は日々変化してまいります。問題がございましたらその際は、またご相談ください。


林(FP)プロフィール画像
林 / ファイナンシャルプランナー

最近の住宅ローンでは特定の疾病の際に債務の返済が免除される保険が付与されているものもございます。繰り上げ返済をされる前に金融機関にどういった内容の契約となっているかしっかりと確認される事をお勧めいたします。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事