相続・贈与カテゴリアイコン相続・贈与

更新日:

Q

相続・贈与についてはじめに知っておくべきことは何なのでしょうか

相談者プロフィールアイコン

いぬいさん
女性 / 20代 / 東京都 / 会社員

先日、父方の祖母が亡くなりました。 祖父母は離婚しており、父は祖父に育てられたのですが、祖母の親戚から相続に関する件で連絡がありました。 両親は当たり前のように対応していましたが、自分はまだまだ先のこととばかりと思っており、全く知識がないことに焦りを感じました。 実際に調べてみましたが、一言に相続・贈与といっても情報が多すぎてよくわかりません。 まずはじめに知っておくべきことは何なのでしょうか。 教えていただけないでしょうか。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像小林(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

まず知っておきたい基本的なことは、贈与も相続も税金がかかるということです。一律同じではなく金額により税金の額がかわります。 そしてすべての金額に税金がかかるのではなく、どちらも基礎控除額があり。それ以下の場合は税金がかかりません。贈与の場合は基礎控除額は110万円なので、年間でそれ以下の場合は税金がかかりません。例えば年間100万円を20年間もらい続けても税金はかかりません。 相続税の場合は相続人の人数によって控除額が変わります。 基礎控除額は3,000万円+(600万円+法定相続人)になるので、例えば相続人が3人の場合は4,800万円以下の相続額の場合は税金がかからないことになります。 他に細かい特例の控除があるのですが、基本的には贈与税、相続税の税金がかかる基準になります。こうみると贈与税は、貰うだけ行為なので基準が厳しく、相続税の方が控除額が多いということになります。 まずはこれだけでも覚えて説明ができるようになると、役に立つ時が来ると思います。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

いぬい さん

ご回答いただきありがとうございます。 相続・贈与の際に税金が発生することは知っていましたが、その詳細についてはよくわかっていませんでした。 今回、具体的を挙げて丁寧に説明していただいので、非常にすんなりと理解することができました。 また、少し面白さを感じたので、自分でも学んでみようと思います。 丁寧かつ分かりやすい説明をしてただき、ありがとうございました。 なお、1点質問させてください。 相続税の場合の基礎控除額について、 計算式は3,000万円+(600万円 × 法定相続人)でしょうか。
返信アイコン内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

ご返信ありがとうございます。 お考えのように、相続税の控除額は 3,000万+(600万円×法定相続人)になります。


小林(FP)プロフィール画像
小林 / ファイナンシャルプランナー

いぬいさん、はじめまして。 相続や贈与は、一見関係ないようで意外と身近な問題だと言うことができるのかもしれません。 多額の相続税が発生することが見込まれる場合、相続に備えて生前に贈与する場合があります。また、遺産分割でもめないよう、遺言書を作成しておく方もいます。 いずれの場合も大事なのは、将来的に相続の対象となる財産がどの程度あるかを把握しておくことです。場合によっては、贈与をしない方が余分な税金を払わなくて済むからです(多くの場合、贈与をする方が税額が増えてしまいます)。 相続税がかかるかどうかは、法定相続人の数にも影響されます。そのため、まずは法定相続人が何人いるか、そして相続財産がいくらあるのかを知ることです。ただ、相続財産がいくらあるかを相続税法の評価方法により計算することは難しいため、実際にはどのような財産があるのかを、相続人・被相続人の双方が認識しておくことが大事だと思います。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

いぬい さん

ご回答いただきありがとうございます。 相続や贈与の際に、税金が発生することは知っていましたが、贈与をする方が税額が増えてしまうのですね。 しかも多くの場合ということで、非常に驚きました。 まずは家族と話し合ってみようと思います。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事