家計・ライフプランカテゴリアイコン家計・ライフプラン

更新日:

Q

貯金をもう2万円増やすためには

相談者プロフィールアイコン

あるぱかさん
女性 / 20代 / 長野県 / 会社員

今の給料で貯金をひたいのですが中々上手く行きません。出来れば毎月もう2万円くらい貯金をしたいと思っているのですが、手元に中々残りません。 手取りは15万円で、支出の内約は月々の家賃が2万円 光熱費は寮なのでかかっていません 貯金が天引きで2万円 食事代が3万円 習い事が2万円 携帯代1万円 車の燃料代1万円 日用品と洋服代1万円 その他交際費で2〜3万円です。何かアドバイスを頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします

3名の専門家から回答があります
鈴垣(FP)のプロフィール画像原(FP)のプロフィール画像西村(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

あるぱかさん、はじめまして。 ファイナンシャルプランナーの鈴垣です。 貯蓄を確実にする方法としては、まず先に貯蓄分の金額を収入から引いて、残った金額で生活することです。 残ったお金で食費などの絶対に必要なものを順に割り当てていき、残ったのが自由に使えるお金ということになります。 現在給与天引きで行なっている貯蓄をご自身でも行うということですね。 できればこれと同じように、現金で置いておくのではなく、給与口座とは別の口座に移す方がより使ってしまう可能性が少なくなり、より確実です。 また、現状の家計見直しのポイントとしては、携帯代などの通信費や保険に加入されていれば、保険料から優先的に見直していくことです。 携帯代は格安通信会社に変更したり、料金プランを変更することで、かなり抑えることができます。 また、保険料も現状の生活と比べて、保障が多すぎる場合は、保険金額を見直したり、解約したりすることで、毎月の負担を軽くすることができます。 以上、参考なさって下さい。


原(FP)プロフィール画像
原 / ファイナンシャルプランナー

あるぱかさん 初めまして。ファイナンシャルプランナーの原です。 ご質問に回答させていただきます。 記載内容でいくと、収入に対する支出項目の割合は以下の通りです。 ・家賃:13.3% ・貯金:13.3% ・食事代:20% ・習い事:13.3% ・携帯:6.6% ・車:6.6% ・日用品/洋服代:6.6% ・交際費/その他:13.3%~20% 理想的な家計バランスを考えた場合、食事代と交際費/その他が少し高いと思います。 理想的には、食事代を15%、交際費/その他は11%程度が好ましいと言われております。 15万円の収入で考えると、以下の通りです。 ・食事代:2万2,250円 ・交際費:1万6,500円 そうすると、食事代で「7,500円」、交際費/その他で「3,500円~13,500円」になり、 合計で、「11,000円~21,000円」が貯蓄に回せる計算です。 一度、上記の数字を目標に一ヶ月を過ごすことができるか実行してみてください。 苦労がなければ、続けていけば、理想的な貯蓄額になります。


西村(FP)プロフィール画像
西村 / ファイナンシャルプランナー

こんばんは。 この件について回答致します。 拝見したところ費用を減らすことは可能かもしれませんが、恐らくストレスを伴う形になるかと思います。 そこで収入を増やせないか考えていただければと思います。個人的な見解ですがクラウドソーシングによる在宅ワークなどの副業で収入を増やすという方法はいかがでしょうか。 クラウドソーシングによる仕事では、特別なスキルがいらない仕事として例えばライティングが考えられます。ライティングとは文章を書く仕事で最初は単価の安い仕事しか受注できないかと思いますが案件をこなして実績を積んでいくことで単価の高い仕事も受注できるようになってきます。もちろん文章を書くことについての慣れは必要となりますが、慣れれば月2万円の収入を増やすことは可能だと思います。是非ご検討いただければと思います。以上個人的な見解を含みますがご参考になれば幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事