老後・年金カテゴリアイコン老後・年金

更新日:

Q

国民年金以外の積立方法について

相談者プロフィールアイコン

ゆりさん
女性 / 20代 / 東京都 / 会社員

国民年金は受け取る額が少なくなると聞き 自身で年金のように積み立てていきたいのですが 1番簡単で、なるべく貯蓄額を増やしていけるものは 何がありますか。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像鈴垣(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

ご心配されているように、少子高齢化により、将来のもらえる年金額は減少傾向にあり、受給年齢も引き上げが検討されています。公的年金では豊かに暮らせないので、自分でも貯金をするか、個人年金制度をつくり備えなければなりません。 老後の資金を準備するのには、最適なのはiDeCoになります。聞いたことがあると思いますが、iDeCoとは、加入者が積み立てで掛金を拠出し、自分で選んだ商品で運用を行い、60歳以降に年金または一時金として受け取ることができる制度です。 毎月コツコツと積み立てる制度なので、毎月の負担は少なく、将来に大きく受け取ります。掛金が税額控除にもなり、お得に老後資金の準備ができます。管理手数料がお得なネット証券がおすすめになります。 ご参考いただければ幸いです。


鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

ゆりさん、はじめまして。 ファイナンシャルプランナーの鈴垣です。 公的年金以外に老後資金を準備する方法はいくつかあります。 確実なのは、積立型の定期預金ですが、これは元本が減らない代わりに現状ではほとんど利息がつきませんので、あまり増やすことはできません。 これ以外に今年から加入対象が拡大されたiDeCo(個人型確定拠出年金)があります。 これは定期的に掛金を拠出し、投資信託などで運用して、60歳以降に年金や一時金として受け取ります。これは税制面での優遇もあり、掛金は全額所得控除の対象となり、加入期間中の運用益は非課税、受け取る年金も公的年金と同様の扱いとなります。 これは運用を自分で行いますので、加入期間に運用がうまくいかなかった場合は損が出て、元本割れしてしまう可能性もあります。但し、運用先には元本確保型のものもありますので、これらを組み合わせて、出来るだけ損が出ないようにすることはできます。 また掛金も月数千円から始めることができますので、家計に負担をかけることなくはじめられるのもいいですね。 以上、参考になさってください。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事