老後・年金カテゴリアイコン老後・年金

更新日:

Q

国民年金の不払い期間について。

相談者プロフィールアイコン

年金欲しい主婦さん
女性 / 40代 / 福岡県 / 主婦・主夫

こんにちは。 現在45才の専業主婦です。 年金についてご相談です。 まだ20代の頃数回転職をしたのですが、その際、辞めてから転職するまでの数ヶ月、国民年金を払っていない期間があります。 当時は無知でそのままになっていたのですが、結婚して主人の扶養に入ってから、払っていない期間があることや、それだと年金の受給金額が減ることを知りました。 すでに、戻って払い込める時期は過ぎていますので、このような場合もうあきらめるしかないのでしょうか? 今の時点でできることなどがありましたら教えていただけるとありがたいです。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像高橋(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
高橋(FP)プロフィール画像
高橋 / ファイナンシャルプランナー

国民年金は、通常2年1カ月前までしか遡って納付することはできません。 例えば今月中であれば、平成28年9月分までしか遡って納付することはできない形となります。 時限立法で5年前まで遡って納付できる後納制度がこの9月までありましたが、その制度も終了してしまいました。 いずれにしても約20年前のものを、現状納付するという制度はありません。 ただ、少し先にはなりますが、60歳以降に受給金額を増やす手段として「任意加入」という制度があります。 以下の4つの条件をすべて満たす場合に任意加入ができます。 1.日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方 2.老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方 3.20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方 4.厚生年金保険、共済組合等に加入していない方 詳しくは、日本年金機構のホームページで確認してみてください。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

年金欲しい主婦 さん

ご回答いただきありがとうございます。 過去のものを後納することはできないということなので、自身でできることを考えていこうとおもいます。 任意加入については今回初めて知りました。 先のことではありますが、このような制度があると知っているだけでも心強いです。 年金以外に自分でできることを探していこうと思います。 ありがとうございました。
返信アイコン高橋(FP)プロフィール画像
高橋 / ファイナンシャルプランナー

ご丁寧にありがとうございます。 また何かありましたらご相談ください。


内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

国民年金保険料を納めることが可能な期間は、保険料の納期限(納付対象月の翌月末)から2年間となります。ということは2年前までの国民年金は払えることになります。 また、数十年前の分でも特別に後納できる制度が過去にはありました。 過去10年間に納め忘れた国民年金保険料を納付して、将来の年金額を増やすことができる「10年の後納制度」は、残念ながら平成27年9月30日で終了してしまいました。 また、平成27年10月1日から平成30年9月30日までの3年間に限り、保険料の納付期間を5年に延長する特例措置が設けられたのですが、先月に終了しました。 現在は2年前までしかできません。特例で過去にさかのぼって後納できる制度ができるのを待つことになります。しかし20年以上前に関しては難しいので、その分、iDeCoや「つみたてNISA」などで投資して将来に備えることの選択がいいと思います。 ご参考いただければ幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

年金欲しい主婦 さん

ご返答ありがとうございます。 やはり20年以上前の分をさかのぼって納税するのは難しいのですね。 iDeCoや「つみたてNISA」について知りませんでしたので大変参考になりました。 自分でできることをこれから探してみようと思います。 丁寧にご回答いただきありがとうございました。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事