家計・ライフプランカテゴリアイコン家計・ライフプラン

更新日:

Q

家計管理のポイントを教えて下さい

相談者プロフィールアイコン

ゆずさん
女性 / 30代 / 佐賀県 / パート・アルバイト

家計管理について質問させてください。 現在夫婦と幼児3人の5人暮らしです。 手取り月額は 主人が24万円から27万円 私のパートが8万円程です。 住宅ローン65000 光熱費15000 保育料55000 主人小遣い40000 通信費13000 保険料25000 子どもの習い事25000 その他、ガソリン等、また主人の小遣いが足りないようで、プラス一万円くらいは渡し、毎月ギリギリの生活です。 子どもたちは皆大学進学までを考えています。 児童手当は全て貯蓄に回せてはいますが、どのように教育資金を貯めていけばよいでしょうか?

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像鈴垣(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

お子様たちの教育費を準備しようと思うと、大学資金が一番の高額になるので準備していかなければなりません。学校によって違いますが私立大学4年間で約400万円~500万円必要にといわれています。さらに諸費を考えるともう少し必要になってくると思います。 児童手当全額貯金で約200万円貯まります。お子様の年齢がわかりませんが、仮に3歳とすると大学入学まで残り15年で300万円を準備する必要があります。 300万円÷15年÷12か月=約1.7万円の貯金が必要です。 2019年より幼稚園無償化により、上限はありますが保育園も対象になるので、恩恵があると思います。家計の支出からは保険料とお小遣いに削減の余地があると思います。 ご主人さんの最低必要限の生命保険と医療保険を合わせても1万円以内に十分収まります。保険の掛け過ぎではないでしょうか。保険を見直すだけで1.7万円は賄えると思います。 また、新生銀行の「2018年サラリーマンお小遣い調査」の平均は39,836円になりましたが、これには未婚や単身者が含まれて平均値を上げています。既婚の子どもあり世帯では 32,000円~35,000円となっているので増額はもってのほかで、5,000円を削減して教育資金にまわさなければなりません。この2費目の見直しで無理することなく2万円を教育資金の準備にまわすことができるようになります。 貯金するのが難しいようであれば学資保険の口座振替も強制的に貯まるので、ある意味メリットになる場合もあります。 ご参考いただければ幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ゆず さん

ご返信、ありがとうございます。 前述に不足がありました。 前述していた保険料の中には死亡保証のついた積み立てが入っています。死亡保証600万円で月に1.7万円弱です。死亡保証300万円づつ下ろせるとのことでしたので、学資保険として積み立てをしています。 やはり主人に渡す金額が多すぎますね。 主人からは少ないと言われ、ケンカになりますが、よくよく話していこうと思います。 ありがとうございました。

鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

ゆずさん、はじめまして。 ファイナンシャルプランナーの鈴垣です。 教育資金については、幼稚園から大学まで1人につき700万円から2000万円必要と言われています。一般的に私立幼稚園ー公立小中高ー私立大学で約1000万円でしょうか。これには入学金や授業料の他に課外活動費や塾などの費用も含まれています。これを一度に準備するのは難しいので、各進学のタイミングで目標を決めて、準備していくのがいいですね。例えば、高校入学までに500万円用意するといった感じです。 準備する方法としては、やはり毎月の積立がいいと思います。銀行の定期預金を利用するのもいいですが、私のお薦めは今年から始まりました「つみたてNISA」です。年40万円(月約3万円)まてで最長20年間(最大800万円)運用した際に得た運用益が非課税になります。通常は約20%ですので、税制面での優遇が受けられます。 始めるにはまず金融機関に専用口座を開設する必要があり、運用先はそこで指定された投資信託に限られます。その投資信託は運用コストが低く、今までに安定して運用されてきたと金融庁が認定したものにまでなります。なので、大きな損失が出る可能性は低いですが、元本割れすることもあり得ますので、その点は注意が必要です。 また始められる金額も月数千円からですので、家計に負担が少ないのも魅力ですね。 まずは、目標金額を設定して、それから月にいくら積立てればいいかを決めて、定期預金やつみたてNISAで準備することです。 以上、参考になさって下さい。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ゆず さん

ご回答ありがとうございます。 積み立てNISAは気にはなっていたのですが、投資の知識がなく、なかなか踏み切れずにいます。もう少し勉強してしてみようと思います。 ありがとうございました。
返信アイコン鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

メッセージありがとうございます。 つみたてNISAは初めて投資する人でも比較的リスクが少なく始めることができます。 是非検討してみてください。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事