相続・贈与カテゴリアイコン相続・贈与

更新日:

Q

母の資産の贈与について。

相談者プロフィールアイコン

たろさん
男性 / 30代 / 徳島県 / 会社員

初めまして。私、37歳の会社員で妻と二人暮らしをしております。 先日、私の母と話をしていた時に、母が亡くなった時に母が保有している資産を私に譲るという話になったのですが、贈与税がどうなるのだろう?という話になりました。 母の資産は主に現金がメインとなるのですが、金額が2000万くらいだと思います。 今現在、母は63歳でまだ仕事もしており、元気なのですが、今後の事を考えると贈与税も含めて、どういった準備を進めていけば良いのか、ご教授いただきたいです。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像小林(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

親が健在の時に、遺産相続の話は不謹慎に思われがちですが、話し合うことはとても大切なことだと思います。どれだけの贈与額がかかるのか気になると思いますので、ご参考いただければ幸いです。 まず、贈与額には基礎控除額があるので、年間110万円以下であれば贈与税はかかりません。なので、毎年110万円以下をもらうことになれば贈与税はかかりません。 また相続時精算課税制度という制度があり、特定贈与者ごとに累計で特別控除額2,500万円までの贈与であれば、現時点では贈与税はかからずに、先延ばしにして相続と同じ時に相続税と一緒に計算するという制度になります。相続する資産が少ない場合には相続税の基礎控除があるので有効な手段になります。 しかしながら、現時点ではお母様の生活もあるので、年間110万円以下の贈与がいいのではないかと思います。ご参考いただければ幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

たろ さん

丁寧なご回答ありがとうございます。今までは、中々馴染みのある問題でありませんでしたので、実際に自分がその立場になった時に知らないことが多く、専門的な意見を伺うことが中々できませんでした。ですので、非常に助かりました。

小林(FP)プロフィール画像
小林 / ファイナンシャルプランナー

たろさん、はじめまして。 お母様が保有する財産を引き継ぐ時にかかる税金について疑問をお持ちのようですね。 亡くなったときに譲るというご質問の内容からすると、贈与税ではなく相続税が発生する可能性があると思われます。 相続税は、亡くなった方が保有する財産を相続人が相続した時にかかるものです。贈与税より税率は低く、また、基礎控除額(3,000万円+600万円×相続人の数で計算される)の範囲内であれば相続税は発生しません。 今のところ、相続税に関して大きな負担になる心配はないのかと思いますが、相続財産が予想以上に高額となる場合もあるため、前もってどれくらいの財産があるのか、確認しておくと安心です。 贈与税は相続税より税率が高く、税務上の恩典もほとんどないため、特に理由がなければ生前贈与はしない方が良いと思います。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

たろ さん

返信ありがとうございます。税金や相続はまだまだ勉強不足なこともあり、こういう風に専門家の方からご助言いただけるのは非常に助かります。いただいた内容をもう一度自分で整理して、この問題に対応したいと思います。ありがとうございました。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事