税金カテゴリアイコン税金

更新日:

Q

インプラント手術による医療費控除適用有無について

相談者プロフィールアイコン

トモさん
男性 / 20代 / 神奈川県 / 会社員

先月、歯科クリニックで虫歯の抜歯を行いました。その結果として来月にインプラント手術を行うことになったのですが、保険が効かないため自由医療となり費用が70万円ほどになりそうです。つきましては次の3点について教えてください。 ・高額医療費制度や医療費控除のような制度は適用になるのでしょうか。 ・適用になる場合、どれくらいのお金が返ってくるのでしょうか。 ・適用になる場合、どのような手続きを行えば良いのでしょうか。

1名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

一般的なインプラントの手術は、病気やケガではなく、自由診療となるので健康保険の適用はできません。また高額療養費制度も適用ができません。費用負担を軽くするには医療費控除を利用して還付金を受けるということになります。 医療費控除とは、自分または自分と生計を共にする家族のため、1年間(1/1~12/31まで)で10万円以上の医療費を負担した場合に、申請により一部が還付される制度のことです。 医療費控除の計算式は、(1年間に支払った医療費の合計額-保険で補てんされる額)-10万円または総所得額の5%の低い方になります。 70万円-10万円=60万円 課税される所得金額は330万円を超え695万円以下の場合、所得税率20%なので60万円×20%=12万円が還付金になります。※住宅ローン控除等、その他の所得控除は加味しない数字です。※諸条件により実際の金額とは異なる場合もありますのであくまで参考としてください。 医療費控除を受けるには、管轄の税務署に確定申告を提出し、還付金の申請手続きを行う必要があります。国税庁の「確定申告作成コーナー」を検索すると、空欄を埋めるだけで簡単に確定申告書を作ることができるのでお試しください。 ご参考いただければ幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

トモ さん

ご回答ありがとうございます。 大変恐縮ですが追加で質問させてください。 医療費控除を調べたところ所得税だけでなく、住民税も還付金の対象となる情報があったのですが、本当でしょうか。
返信アイコン内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

ご返信ありがとうございます。 説明不足で申し訳ございませんでした。 医療費控除を適用するために確定申告をすると、所得税だけでなく住民税も安くなります。また、追加で手続きをする必要はありません。 医療費控除額の10%に当たる金額だけ住民税が安くなります。住民税は還付金として受け取れるのではなく、次年度6月以降の住民税から、およそ6万円が差し引きされて天引きされるようになります。 ご参考いただければ幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事