資産運用・投資カテゴリアイコン資産運用・投資

更新日:

Q

株式の損失還付について。

相談者プロフィールアイコン

BEERBEARさん
男性 / 40代 / 東京都 / 会社員

株式の損失還付について。 今年会社の株を売却して利益1100万ほどの利益を得ました。 損失が出ている株式を売却すると、その分還付されると聞きましたが、 どれくらい還付されるものなのでしょうか。ちなみに損失額は50万ほどです。

2名の専門家から回答があります
小林(FP)のプロフィール画像安井 貴生(税理士)のプロフィール画像

専門家の回答

小林(FP)プロフィール画像
小林 / ファイナンシャルプランナー

BEERBEARさん、はじめまして。 株式の譲渡をした場合に発生した譲渡損については、確定申告により譲渡益と通算することができます。 ただし、損益通算することができるものには条件があります。上場株式から発生した譲渡損を、非上場株式から発生した譲渡益と通算することはできません。「会社の株を売却して利益1100万ほどの利益を得ました」とあるのですが、これが上場株式の場合、上場株式を売却して発生した損失としか通算されません。逆に、非上場株式を売却して発生した利益についても、非上場株式を売却して発生した譲渡損としか通算できません。 上記の条件を満たせば、譲渡益と譲渡損が通算されます。損失額が50万円の場合、1100万円の譲渡益に対して課される所得税額15.315%(1,684,600円)のうち、譲渡損50万円分に対応する税額(76,500円)が還付されます。また、住民税も同様に25,000円の負担減となります。 ご参考にしていただければ幸いです。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

BEERBEAR さん

さっそくのご返答ありがとうございます。 「会社の株式」は一部上場株で、損失があったのも一部上場株なので、 大丈夫かと思います。 追加で質問させていただいて、申し訳ないのですが、 こちらは証券会社で自動的に処理してもらえるものでしょうか。 特定口座にしているので、利益から税金はすでに支払っています。
返信アイコン小林(FP)プロフィール画像
小林 / ファイナンシャルプランナー

特定口座内での損益は、すべて取引の都度精算されます。最終的には、年間の譲渡益に対して所得税15.315%、住民税5%が課税されますので、確定申告の必要もありません。 ただ、前年以前の確定申告で繰り越した譲渡損がある場合は、今回の譲渡について確定申告をするとさらに税金が戻ってくるため、過去に申告をしているかどうかは確認しておいてください。


安井 貴生(税理士)プロフィール画像
安井 貴生 / 税理士

藤和税理士法人

大阪府 > 大阪市浪速区

初めまして。税理士の安井と申します。 株式売却にあたり利益に損失をぶつけることによる税金の還付についてのご質問ですが、回答にあたって前提がございます。 それは「源泉徴収ありの特定口座」によって資産管理されていることです。以下、それを前提としての回答となる旨、ご了承ください。 株式を売却することにより利益が出れば利益に対して20.315%(所得税と住民税)が源泉徴収されることとなります。しかしながら損失50万円をぶつけるとトータルの利益が減ってしまうため、結果的に税金が取られ過ぎという状況が生まれ、その金額が還付されることとなります。 つまり利益50万円分について取られ過ぎとなるため、50万円×20.315%=101,575円が還付されることとなります。 冒頭でお話しした前提条件が違ったり分かりにくい部分がございましたらまたご質問頂ければと存じます。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事