税金カテゴリアイコン税金

更新日:

Q

以前働いてた生命保険外交員の確定申告について

相談者プロフィールアイコン

まぁこさん
女性 / 40代 / 奈良県 / 会社員

初めまして。 40代の会社員、まぁこと申します。 私は以前生命保険の外交員を2017年7月~2018年12月迄しておりましたが、確定申告をその年しておりませんでした。何故しなかったかと言うと正直どうやって書いて良いのかわからず、面倒だったからです。 一度税務署にも行ったのですが、全く還付金が戻ってくる計算ではなく、持ち帰ってそのままになっていました。 それを放置してたおかげで、昨日、市から申告してくださいと言う通知が来ました。 もしそのままにしてたら、全額収入?として扱うと書かれててあり、それは困る!と思っています。 そこでご相談なのですが、私が受け取った報酬としては、200万弱位です。 この場合、どの位で、どの欄に営業経費を記入すれば良いのでしょうか? またその営業経費だけ記入すれば、あとは書かない、もしくは適当という言い方は悪いですが、大体で良いのでしょうか? 最後にこの申告をしたら、何が変わるのでしょうか? また申告をしたら、還付金は帰ってくるのでしょうか? 是非ご教授お願い致します 現在は別会社で、正社員として働いております。

2名の専門家から回答があります
村井 一則(FP)のプロフィール画像内山(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

村井 一則(FP)プロフィール画像
村井 一則 / ファイナンシャルプランナー

ノーリエ合同会社/ノーリエFP事務所

北海道 > 札幌市北区

まぁこさん はじめまして。ノーリエFP事務所の村井と申します。 税務申告は、普通の会社で勤めていた方にはチンプンカンプンとは思いますが、正しく申告しないと、延滞金がプラスされるので、必然的に税金を納めることになります。 また、翌年から健康保険料や住民税の負担も割高になる可能性が高まるので気を付けなければなりません。 フリーで働くというのは意外とめんどくさいものです。 営業経費としてのは、仕事に使った経費を項目ごとに分類して書くということです。 領収書やレシートを見ながら仕分けします。 人件費、仕入れ、販売費、家賃(賃貸住宅なら事務所として按分も可能)、水道光熱費、通信費「携帯電話、郵送料など」事務所費、事務用品、消耗品、減価償却費、打ち合わせなどの接待交際費など、仕事でつかえる経費は意外とあるものです。 必要経費は、ご自身で計上しなけば経費にできないので、全額収入にされてしまうのは、税務署としては当然の処理になります。 一度決算書を作って、収入-経費を整理してください。 確定申告の書き方に不安がある場合には税務署に尋ねると教えてくれるので、帳簿を持参して足を運ばれるといいでしよう。 申告書は項目が多いほど、保険料や住民税などの税金が少なく抑えられるのでおとくになるのですが、【書かない、もしくは適当】でいると痛い出費が増えることを意味するので、オススメはいたしません。 書くのが面倒なので、追徴課税や税金を多く払ってもいいも生活に困らないというのであれば、簡単に書いてもいいのは言うまでもありません。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

まぁこ さん

ご回答ありがとうございます。 少し私が求めていた回答と違ったようですが、以前税務署には行ったのですが、それでも良くわからなかったので持ち帰りそのままになってました。 もう一度足を運んで見ようと思います
返信アイコン村井 一則(FP)プロフィール画像
村井 一則 / ファイナンシャルプランナー

ご質問の内容と違う答えを書いてしまい申し訳ありません。 現在会社員として、お勤めのようなので、年末調整が済んで、別途で所得税を返してもらいたい人は5年間以内であればいつでも還付申告が可能です。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

まぁこ さん

いえいえ、御丁寧に返信いただきありがとうございます。 5年以内なら有効なんですね。 早目に手続きしたいと思います

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

確定申告の作成は、手間がかかり面倒だと思いますが、国税庁の「確定申告書作成コーナー」というサイトから簡単に作成することができます。自分の条件に沿って空欄を埋めたり、記入するだけでプリントアウトすれば簡単に確定申告書の出来上がりです。 保険の外交員というのは個人事業主として契約されていたのでしょうか。それならば収入の申告は必要になります。 収入(200万円弱)-経費=所得 上記の所得に対して所得税・住民税がかかります。経費として収入を得るために使ったものは経費にできるので、交通費、文具代、パソコンなども経費換算できます。社会通念上の範囲であれば節税もできます。 還付金は払いすぎた税金が正しい確定申告によって戻ってくることなので、先に源泉徴収されていれば経費で収入が減った分の税金が戻ってきますが、自分で納めるのであれば確定申告により還付金が戻ってくるのではなく、所得税を納めることになります。 わからないことがあれば管轄の税務署に尋ねてください。繁忙期でなければ親切丁寧に教えてくれます。また先に記載しましたように「確定申告書作成コーナー」はわかりやすく簡単に作成できると思います。 ご参考いただければ幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

まぁこ さん

ご回答ありがとうございます。 確定申告作成コーナーというのがあるんですね。 一度そちらからやってみたいと思います。 以前計算した時は戻ってくる計算だったので、恐らく還付金が返ってくると思うのですが、もう2年前なのでそれでも支払われるのかな?と思ったのですが。 作成コーナーでやって再度税務署に行ってみます

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事