資産運用・投資カテゴリアイコン資産運用・投資

更新日:

Q

おすすめの資産運用について

相談者プロフィールアイコン

あきこさん
女性 / 30代 / 東京都 / 自営業

資産運用の方法がわかりません。 なにかおすすめの資産運用はありますでしょうか。 よろしくお願いします。

3名の専門家から回答があります
高橋(FP)のプロフィール画像大場 脩(FP)のプロフィール画像鈴垣(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

高橋(FP)プロフィール画像
高橋 / ファイナンシャルプランナー

まずは、毎月の収入から一定金額を投資していく、積立型の投資をお勧めします。 うまく資産形成している人は、収入金額の15%~20%を資産形成に振り向けているようですので、最初は収入の10%程度からスタートしてみてはいかがでしょうか。 商品的には、つみたてNISAで代表的な投資信託から選択してみてはどうでしょうか。つみたてNISAは非課税枠として年間40万円まで利用することができます。ネット証券などでは毎月100円から投資が可能ですので、慣れるまで少額の投資で感覚をつかんでいくことも可能です。 この積立枠の利用で、投資信託による投資に慣れてきたら、手元預金の一部から個別の投資信託に投資することも検討してみてください。 つみたてNISA以外の積立型の投資としては、iDeCo(個人型確定拠出年金)もお勧めです。掛け金が全額所得控除されるという税務上のメリットを享受しつつ、老後資金の形成をすることができます。


大場 脩(FP)プロフィール画像
大場 脩 / ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルサポーター

山形県 > 山形市

あきこさま 山形でFPをしている大場と申します。 資産運用の目的や目標等は人によって異なりますが、個人的には「つみたてNISA」を使って「投資信託」で運用、個人型確定拠出年金(イデコ、iDeCo)を使って運用することをお勧めしています。その理由は、 ・いずれも毎月積立形式で負担なく運用できる。 ・運用収益には通常約20%の税金がかかりますが、それがかからない。 ・さらにイデコの場合は年末調整、もしくは確定申告で申告すれば全額所得控除(税金が安くなる)になる。 ・毎月積立なのでそこまで大きな金額はいらない(つみたてNISAの投資信託は100円、イデコは5000円から) というわけで参考になれば幸いです。


鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

あきこさん、はじめまして。 ファイナンシャルプランナーの鈴垣です。 資産運用についてのご相談ですが、ひとえに資産運用といってもその目的によって、変わってきます。例えば、老後資金や住宅資金を準備するときには長期的に行う必要があり、運用先もあまりリスクが少ないものを選ぶことになります。また、特に使用目的がない余剰資金などは短期的な運用で、ある程度リスクが大きい運用を行ってもいいです。 前者の例だと「iDeCo」や「つみたてNISA」などが有効的な運用として挙げられます。 まず、iDeCoは個人型確定拠出年金のことで、定期的に掛け金を拠出し、定期預金や投資信託などで運用し、60歳以降に年金や一時金で受け取ります。この制度のメリットとしては、税制面での優遇ですね。掛け金は全額所得控除の対象となり、運用期間中に得た運用益は非課税、さらに受け取る年金も公的年金と同様の扱いになります。但し、運用したお金は60才までは引き出すことができませんが、老後資金の準備としてはこの点は有利になります。 次に、つみたてNISAについては、年間40万円(月約3万円)までで最長20年間(最大で800万円)運用した際に得た運用益が非課税になります。運用先は口座を開設する金融機関が指定する投資信託に限られます。この投資信託は運用コストが低く、今までに安定した運用がされていると金融庁が認定したものですので、比較的リスクが低いと考えられます。こちらは特に引き出す時の制限はなく、いつでも投資信託を売却して現金化することができます。こちらは住宅資金や教育資金などの準備に向いてますね。 いずれにしても資産運用を行う目的をまずは定めて、それに向けて適した運用方法を選択することが重要になってきます。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事