税金カテゴリアイコン税金

更新日:

Q

節税、節約等の方法を探しています。

相談者プロフィールアイコン

よーさん
男性 / 30代 / 兵庫県 / 会社員

節税、節約に関してお得な制度や方法等を教えて頂けるでしょうか? 年収約400万円の会社員です。 インターネットでいろいろと調べていると ふるさと納税、ideco、セルフメディケーション節税や医療費控除、3,4,5月の残業を減らす、可能な限りクレジットカードを使用しポイントをためる等の方法がありました。 その他にもお得な制度や方法を教えて頂ければうれしく思います。 よろしくお願い致します。

3名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像潮見(年金アドバイザー)のプロフィール画像國弘 泰治(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

すでに、インターネットでいろいろな税額控除などの方法を検索されたものと思います。お得になるというのは、税金の支払いが少なくなるという認識で考えると人的控除も該当すると思います。 まず、結婚されて、配偶者を扶養対象にすると配偶者控除で年間の所得から最高で38万円控除される仕組みになります。 また、親を扶養に入れることで扶養控除で最高58万円を控除されることもできます。さらに親が負担していた健康保険料の支払いもなくなるなど親にとってもメリットはありますが、いくつかの条件にすべてあてはまる必要があります。 ・70歳以上の老人扶養親族であること ・年間の所得が38万円以下であること ・納税者と生計を一にしていること 該当されているのであれば、申請されてみてください。 また、会社が許すのであれば副業を始めて、収入を増やすという方法もあります。お金も増えて、視野も広がり、豊かな暮らしになると思います。 ご参考いただければ幸いです。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

よー さん

ありがとうございます。 親の扶養ですが年間所得38万円以下というのは年金は含まれますか? また自宅が別でも仕送りやある程度の資金の共有等をしていれば一とみなされるのでしょうか? また先の話になるのですが住宅の件です。 住宅にかかる費用は一戸建ての家とマンションのどちらも生涯においてかかる費用にあまり大差がないという話を聞きます。 個人的には結婚の有無に関わらず、トータルで住宅にかかる費用を可能な限り減らし、趣味やその他のことにお金を使いたいと思っています。 自宅は一定以上のきれいさ、立地も含めあまりに不便過ぎない事以外はそんなに広さは求めません。 マンションの賃貸や中古戸建のリフォーム等を含め全体的に費用が抑えられ、かつある程度快適な生活が送れる方法を探しています。 よろしくお願い致します。
返信アイコン内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

ご返信ありがとうございます。 年金にも控除額が120万円あります。なので、年金収入が基礎控除額38万円+公的年金等控除額120万円=158万円以下であれば、扶養控除が適用できます。また、別居でも仕送りなどの証明ができて生計を一にしているならば該当します。 住宅の件ですが、快適さを求めるのであれば、注文住宅か中古物件のリフォームで自分の使いやすい仕様にすることが一番です。費用で考えればやはり中古物件の方が費用は抑えられることになります。 また、快適さを求めるのであれば、建物はもちろんですが、土地の立地条件の方が重要になります。建物重視よりも土地重視で探してみてください。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

よー さん

大変べんきょうになりました。 ありがとうございます。 今後ともよろしくお願い致します。
すいません、もう一つ教えて頂きたいのですが、 両親が64歳でもうすぐ40年近く勤めていた会社の再雇用が終了する予定です。 何か60歳以上、職場を退職して年金をもらう現在の過程においてお得な情報や活用すべき制度を教えて頂ければ幸いです。 ちなみに年金額は夫婦で合わせて20万前半、おそらく65歳からもらう予定です。 よろしくお願い致します。
返信アイコン内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

年金だけに頼らず、働き続けるというのは一番賢い方法になりますが、年金と給料の合計が一定の金額を超えると年金額が一部支給停止になります。それは、60歳以上と65歳以上で基準が異なります。 65歳以上の場合は、収入の合計が月額46万円以上になると年金の支給が一部停止されるので働き方に注意が必要になります。 ご参考いただければ幸いです。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

よー さん

ありがとうございます。 両親はどちらも現在64歳、父が現在年収1200万円で64歳5か月の段階で退職予定、まだ年金を受け取っていません。母は昔7年程度公立教師をしていて、その後は専業主婦、母のみ60歳から国民年金とわずかな共済年金を受け取っている状態です。 父の65歳の誕生日が来年の9月下旬、母の誕生日が3カ月後の1月初旬です。 インターネットでいろいろ調べたところ 父が退職した64歳5か月で失業給付(最大60~100万円?)を受給し、65歳になってから厚生年金に+加給年金(母の分3カ月 約10万円?)、母が65歳になってからは振替給付(年55000円?) が良いのではないかと検討しています。 ただネットで見ただけで詳細が分からないため、この方法で良いのか、注意点があるのか不安で、ご教授いただければ幸いです。 またほかにもこのようなお得な制度があれば教えて頂ければうれしく思います。
返信アイコン内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

退職後に失業保険をもらうことは賢い方法だと思います。お考えの方法で正しい認識と思います。 さらに預貯金、退職金で70歳まで生計が立てられるのであれば、70歳から年金の繰下げ受給をすれば、増額になるので、さらにお得にもなります。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

よー さん

たびたびのご質問に答えて頂きありがとうございます。 大変勉強になりました。 今後もよろしくお願いします。

潮見(年金アドバイザー)プロフィール画像
潮見 / 年金アドバイザー

はじめまして、アドバイザーの潮見といいます。よろしくお願いいたします。 知っておくと良い所得控除の一つとして、「雑損控除」があります。 各種の災害で、資産の損害を被った場合には、一定の金額の所得控除を「雑損控除」として受けられる可能性があります。 「雑損控除」は損害の原因が以下である場合となっています。 ・ 震災、風水害、冷害、雪害、落雷など自然現象の異変による災害 ・ 火災、火薬類の爆発など人為による異常な災害 ・ 害虫などの生物による異常な災害 ・ 盗難 ・ 横領 具体的にはシロアリ駆除費用や空き巣による被害も対象になることがあります。 あまりうれしいことではありませんが、万一このような事態に遭遇した時は所得控除があることを覚えておくといいと思います。 参考:国税庁|No.1110 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき(雑損控除) https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1110.htm 以上、参考にしてください。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

よー さん

ありがとうございます。 こういった制度もあるんですね。 他の方にもお尋ねしたんですが両親が64歳でもうすぐ40年近く勤めていた会社の再雇用が終了する予定です。 何か60歳以上、職場を退職して年金をもらう現在の過程においてお得な情報や活用すべき制度を教えて頂ければ幸いです。 ちなみに年金額は夫婦で合わせて20万前半、おそらく65歳からもらう予定です。 よろしくお願い致します。
返信アイコン潮見(年金アドバイザー)プロフィール画像
潮見 / 年金アドバイザー

ご返信ありがとうございます。 思いつく点を3点ほどご提示いたします。 ・ご両親の厚生年金の加入期間が通算44年以上になる場合は、特例で65歳より早く年金を受給できる可能性があります。 ・年金は必ず65歳から受給するものではありません。繰り上げて64歳から受給することも可能です。また、繰り下げて70歳から受給することもできます。開始年齢によって受給額は異なってきますが、資産や収入の状況、健康状態などに応じて、選べるように制度上なっています。 ・ご両親の退職後は、ご両親をご相談者様の扶養家族に入れることで税負担の軽減や健康保険料の削減となる可能性があります。 以上、参考にしてください。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

よー さん

ありがとうございます。 扶養の件ですが、税金、健康保険等様々な扶養があってよくわかっておらずご教授いただければ幸いです。 また扶養のメリット、デメリットについて調べていると健康保険だけでなく、世帯年収等の話も含め、高額医療費の上限額、介護保険における世帯分離等様々な他の要素によるメリットデメリットが出現してきており、そのあたりも何が良い選択となるのか困っており、教えて頂ければうれしいです。 よろしくお願い致します。

國弘 泰治(FP)プロフィール画像
國弘 泰治 / ファイナンシャルプランナー

FPオフィスALIVE

福岡県 > 福岡市西区

よー様、初めまして、福岡市のFPオフィスALIVEの國弘と申します。節税や節約に関して調べてらっしゃると言うことでよろしいでしょうか?節税に関しては、iDeCoの他に一般NISAとつみたてNISAがございます。 一般NISAは非課税限度額120万円で非課税期間は5年間となり、最大非課税額が600万円になります。 つみたてNISAに関しては非課税限度額が40万円で20年間非課税期間がございますので、最大800万円が非課税になります。デメリットに関しては一般NISAと違い、投資信託(不動産投資信託除く)の身になります。一般NISAとつみたてNISAの併用は不可能になります。共通のデメリットとしては預金と違い元本保証がないので元本割れする可能性もございます。 節税対策に関しては、年収を上げていくことで、マンション経営などの不動産投資も行うことも可能になりますので、節税対策の幅も増えてきます。 まだご不明な点もあるかと思いますが、お役に立てれれば幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

よー さん

ありがとうございます。 NISAは今年から一般NISAを行いました。 5年の途中、もしくは5年過ぎた後につみたてNISAに変更することは可能なのでしょうか? また現在ドル建ての生命保険等を検討しており、税金等もお得な方法があれば教えていただけますでしょうか。 よろしくお願い致します。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事