借金・債務整理カテゴリアイコン借金・債務整理

更新日:

Q

借金まみれで身動き取れず。

相談者プロフィールアイコン

たぃがさん
男性 / 20代 / 北海道 / 会社員

お金を借りまくって、借金まみれ。 国民健康保険料を払わずいました。 ついに最終催告書がきて、差し押さえ手前です。 お金が必要なのに収入は足りず困っています。色んな金融機関でお金を借りたため利息が高く元金があまり返せていない状態。 債務整理しようとしたんですがしばらくローンが組めなくなると言われ、それは困ると思い、諦めました。市役所の方は銀行からお金を借りて金融機関に返してしまった方が良いのでは?と言ってたのですが僕は借りられますかね。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像原(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

借入金額が多い時や借入先が複数ある時は、おまとめローンなどの金利の低いローンに借り換えることで、利子を少なくすることができるので、総返済額も少なくなり、メリットがあります。 そうすることによって、完済への近道になるのですが、おまとめローンにも審査があります。返済で借り換える金額を返済できる収入が必要になります。 借入金額や借入件数の詳細がわかりませんが、差し押さえの一歩手前ということでかなりの窮地に立っている状態なので、借り換えは厳しいかもしれません。 借り換えができないということであれば、債務整理という選択になります。ご存知のとおり債務整理は個人信用情報に情報が記載されるので、完済してからも5年間はクレジットカード作成、ローン契約ができなくなりますが、場合によっては仕方がない選択肢になります。 または、両親にお願いして立て替えてもらうという方法もあります。早急に借入金をリセットして良い方向に向かってください。 ご参考いただけば幸いです。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

たぃが さん

借り入れてる機関は5つあるのですが、債務整理をすると五年間ローンを組めないとありましたが、今組んでいるローンなど債務整理をしたくない機関はしなくてもいいのでしょうか? 例えば利子の高い機関だけの債務整理などは出ますか…? 確かに現時点で窮地に立っています。 回答をお待ちしてます…。
返信アイコン内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

任意整理ならば、選択することは可能です。カードローンを利用されているのであれば、手続していないカードはそのまま使うことができます。 しかし、定期的にカード会社も個人信用情報をチェックしているので、のちに知られてしまい失効させられることもありますが、そのまま使えることもあります。要はカード会社次第で、対応は様々になっています。 なんとか、良い方向に行くことを願っています。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

たぃが さん

会社によるんですね。 んーどうしたらいいのやら、家族には借金がある事伝えてないので使えなくなったら困るんですよね。 やってみないとわからないなら仕方ないです。 いい方向に…。

原(FP)プロフィール画像
原 / ファイナンシャルプランナー

たいがさん 初めまして。ファイナンシャルプランナーの原です。 ご質問に回答させていただきます。 記載の状況では、新たに金融機関から借入ができるかどうかはっきりとお答えできませんが、状況的には新たな借入は厳しいのではないかと推測されれます。 金融機関から借入をする場合、ご存じとは思いますが、個人信用情報の確認があります。 どこからどの程度借入をしており、過去に返済の延滞などがなかったかの情報です。 現状ですと、年間返済負担率が非常に高くなっているのではと思います。 年間返済負担率とは、1年間に返済する義務のある総額が年収の何割になっているかということです。 返済金額の元金部分が減らないということは、返済期間が長く、残額も多いと推測されます。 ですので、現状ですと、新たな借入が厳しいという判断になっております。 上記の改善には、まず、家計バランスを整理することをお勧めします。 特に、支出金額の明確化が必要です。 1~2ヶ月間でもよいので、どの支出項目でどの程度金額を支払っているかを明確にします。次に、理想の家計バランスの目標を立て、収入の割合を目標達成に向け、再分化してみてください。理想の家計バランスは、インターネット検索すると参考になります。 例えば、食費は15%に設定する、通信費は6%など、支出項目事に目標を決め、現在の支出と比べます。そうすることによって、どの支出項目に無駄があり、どのするれば改善できるのかということが見えてきます。 「収入が足りずないから、借入を行う」という現状の循環ですと、借入を行ったところで何も改善しません。 今回の機会をチャンスと捉え、ぜひ、家計のバランスの見直しに着手してみてください。

ありがとうアイコン

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事