家計・ライフプランカテゴリアイコン家計・ライフプラン

更新日:

Q

結婚資金の貯金について

相談者プロフィールアイコン

もこみちの卵さん
女性 / 20代 / 東京都 / 会社員

将来のための貯金についてご相談です。 27歳独身、30歳には結婚したいと考えておりますが、一人暮らしでなかなか貯金ができず、社会人5年目ですが恥ずかしながら20万円ほどしか貯金がありません。手取り19万、ボーナス年2回、家賃は6万5000円です。数ヶ月前から、月4万、ボーナスから20万貯金と決めていますが、1年で100万円貯めたいため、他に改善点はありますでしょうか?

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像鈴垣(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

一人暮らしか実家暮らしにより、貯金額は大きく違います。 年間で100万円を貯めようと思うと、毎月約8.3万円の貯金が必要になります。家賃を含めると14.8万円になり、光熱費や通信費、食費を考えると生活できなくなります。 固定費が節約しやすいと言われますが、一人暮らしでは、もともと使用料が少ないので、あまり節約になりません。家賃や食費、交際費が節約の対象費目になります。 まず、給料から先に8.3万を強制的に貯金口座に移して、残りの金額でやりくりしてみてください。生活するのが無理でしたら、毎月の家計からは今ぐらいの貯金額にしておいて、ボーナスを全額貯金するのが無理のない効率的な手段になります。 または、一人暮らしをやめて、実家暮らしをすれば目標額に貯金できるようになると思います。 ご参考いただければ幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

もこみちの卵 さん

ご回答ありがとうございます。 実家へ戻ることは距離の関係で不可能なので、まずは強制的に口座に移すことでどのくらい生活できるか試してみようと思います。
返信アイコン内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

ご返信ありがとうございます。 試されて厳しいようでしたら、少し貯金額のハードルを下げてみてください。


鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

もこみちの卵さん、はじめまして。 ファイナンシャルプランナーの鈴垣です。 貯蓄の方法として、毎月の収入から支出を引いて残ったお金でしようとすると、貯蓄額が安定せず、長続きしないことが多いです。なので、まず、収入から決まった貯蓄額を引いて、残ったお金で生活すると、貯蓄が安定して、比較的貯まりやすくなります。 具体的には、まず給与が口座に振り込まれたら、決めた貯蓄額を別口座に移します。積立型の定期預金を利用してもいいので、とりあえず使ってしまわないようにします。それで、残った金額から生活費と決めた金額を現金にして、これから食費などに使います。 現金は使った金額が見えて、使いすぎが抑えられます。クレジットカードは使う金額が見えないので、使いすぎてしまうことが多くなってしまいます。ただ、家賃や水道光熱費、通信費などの固定費は、クレジットカードを使用した方が便利ですし、ポイントを貯めている場合は貯まりやすくなりますね。 このような感じで、とりあえず半年くらいはやってみてください。実際やってみてうまくいかないこともあると思いますが、そこで諦めずに継続してやってみて下さい。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事