借金・債務整理カテゴリアイコン借金・債務整理

更新日:

Q

奨学金返済困難について

相談者プロフィールアイコン

匿名さんさん
女性 / 30代 / 宮城県 / 無職

奨学金の返済に困っています。 高校生の時に摂食障害を患い、低体重ではありながら、奨学金を借りて大学へ進学し、就職もしました。 しかし、ストレスの影響でか就労が困難な程の低体重になり入院し、それを期に就労が出来ない状態が続いていて、その状態が10年弱になります。 ちょっとしたストレスなどにより心身が不安定になり、鬱っぽくなり、それにより体重が減少し、入退院を繰り返す、という状況です。 入院治療をして回復した体重でも30kg程度なので、体力上就労不可能です。 摂食障害は難病に指定されているため、日本学生支援機構にその旨を伝えて何度も奨学金免除を申し出ているのですが、奨学金猶予にしか対応して頂けません。 奨学金猶予願に必要な書類に掛かる経費も、何十年も続くとなると、かなりきつい出費になります。 最近、奨学金自己破産というのをよく耳にして、それも考えています。 しかし、現在それを生活費などに使っているとは言え、実は貯金が300万円位はある状態なのです。 それがある限り自己破産は出来ないだろうし、とは言え、その貯金を奨学金返済に充てる事で未来の生活がなくなる事への不安が大きく、奨学金返済に充てる事は考えたくありません。 と言うのも、過去に父が自己破産をして以来家計が厳しく(現在父は死去しています。)、就労出来ない私の代わりに高齢の母がパートを続けて何とか生活をしていたのですが、その母も就労出来ない状態にあり、現在無収入の状態で生活をしています。 そのため、貯金は奨学金返済には充てたくないのです。 猶予願を申請すればするだけ申請に必要な書類費用は掛かるため、その費用も抑えたいと考えてしまうのです。 連帯保証人のおじも退職し、また、未婚で祖父母の面倒を見ているため、言ってしまえば、身内全てが経済困難な状態で、連帯保証人に返済をお願いする事も出来ません。 奨学金返済を免除にする方法はありませんでしょうか。

1名の専門家から回答があります
内田(証券アナリスト)のプロフィール画像

専門家の回答

内田(証券アナリスト)プロフィール画像
内田 / 証券アナリスト

匿名さんさん はじめまして。 金融機関に勤めております内田と申します。 『摂食障害は難病に指定されているため、日本学生支援機構にその旨を伝えて何度も奨学金免除を申し出ているのですが、奨学金猶予にしか対応して頂けません。』 →奨学金免除は日本学生支援機構の基準があるのかと思います。 免除の規定はあるものの、実際に免除された例は少ないそうです。 「症状固定または回復の可能性が無い事を要する」というのが原則ですので、事故等で一生働かない等の重度の障害を負ったとか以外では免除は認められないのかと思います。 現状とれる手段としては、 〇猶予申請を続けて、病状の回復を待つ。その際、家でできるような在宅ワークで収入を少しでも得る努力をする。 と言うのがいいのかと思います。 症状が回復する可能性はゼロではありませんし、回復しないと思い悩んでも症状が悪くなるだけです。 まだ貯蓄に余裕がありますし、このまま様子をみて、ゆっくり休んでください。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事