老後・年金カテゴリアイコン老後・年金

更新日:

Q

老後の年金、払いたいけどはらえない

相談者プロフィールアイコン

たかさん
男性 / 30代 / 北海道 / 自営業

年金を払えてないんですが大丈夫でしょうか?払える金額じゃありません、あと、消費者金融にも少し借り入れがあるので何年たってもきえません、、今は夫婦2人の生活ですが将来子供ができたら心配です、節約したいのですが何を節約していいかわかりません、、同じ歳の人は家を買ったり建てたりしてるのに、自分が惨めです、、何かいい節約とかありますか?冬にむけて、灯油代や税金などがかかってくるので、落ち込む毎日です、、みなさんどうやって生活してるのでしょうか?!アドバイスお願いします!

2名の専門家から回答があります
村井 一則(FP)のプロフィール画像潮見(年金アドバイザー)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
潮見(年金アドバイザー)プロフィール画像
潮見 / 年金アドバイザー

アドバイザーの潮見といいます。よろしくお願いいたします。 さて、節約できるところは節約していきたいところです。以下の項目は効果が出やすいので、まだであれば、ぜひ試してみてください。 ・スマートフォンを格安SIMに変更する ・電気やガスの会社を安い会社に変更する ・不必要に加入している保険がないか見直す ・賃貸であれば家賃の安い物件に引っ越す なお、毎月の国民年金保険料の支払いが難しい場合、免除の制度が使えるかもしれません。免除の手続きをせずに未払いであると、未納の扱いとなり、障害年金や遺族年金の支給対象とならない可能性もあります。早めに役所に相談して対応することをお勧めします。 以上、参考になれば幸いです。


村井 一則(FP)プロフィール画像
村井 一則 / ファイナンシャルプランナー

ノーリエ合同会社/ノーリエFP事務所

北海道 > 札幌市北区

たかさん はじめまして。ファイナンシャルプランナーの村井と申します。 収入と支出のバランスを整えることが大切です。 同じ歳の同級生が生活費に余裕を出せているのは、日々の積み重ねた努力によるものです。 理想的な暮らしを手にする人は、無意味な「貯金」はしません。 お金を生むために、お金を使う生活を無意識的にしています。 だからいって無駄にお金は使いません。 必要な物を買い、持続して利用するのです。 例えば、ダイエット器具です。 毎日、使うから価値があり、健康を維持できますが、使わなけば置物です。 エアコンも夏に使うからと買って、電気代がもったいないからと稼働させなければ、壁に絵画をかざるようなものです。 効果的に使えて無駄ではなくなります。 節約は一つ間違えれば、たかさんの可能性を狭めてしまうものともいえます。 当たり前の話ですが、収入に対して支出が少なければ、必ずお金は残ります。 でも、たかさんのご家庭では、月収約27万円に対して32万円の支出です。 これでは生活が破綻してしまいますし、消費者金融の利子を払える状態ではありません。 支出全体にメスを入れる必要があると考えます。 一度家計診断を受けられるといいでしょう。 自営業の方には、利益が出ずに「年金を未納にしている」人がおりますが、放置していていると、たかさんに万が一のことがあった時に、障害年金や遺族年金を受け取ることが出来なくなってしまいます。 十分な貯蓄があれば、かまいませんが、貯蓄10万では、2週間程度しか暮らしていけないでしょう。 どうしても支払うことが難しければ、役所に相談して減免または免除申請するようにしてください。 老後の年金は減りますが、障害年金、遺族年金の受給は得られることはできます。 自営業で生計を立てていくためにはも、生きたお金の使い方を学び、支出をコントロールしていただきたいと思います。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

たか さん

ありがとうございます

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事