老後・年金カテゴリアイコン老後・年金

更新日:

Q

老後の資金準備、20代から始めておくべきでしょうか?

相談者プロフィールアイコン

あおいさん
女性 / 20代 / 兵庫県 / 会社員

はじめまして。 現在20代後半の会社員ですが、ニュースなどで年金の受給開始年齢の引き上げの話や様々な問題が取り上げられているのを見て老後の資金が不安です。 現在は月々一万円の個人年金の保険に入っていますが、他にも資産運用をしたほうがよいのか迷っています。 老後資金の準備に最適な運用方法がありましたら教えていただけますか。

2名の専門家から回答があります
西村(FP)のプロフィール画像内山(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
西村(FP)プロフィール画像
西村 / ファイナンシャルプランナー

おはようございます。 この件について回答致します。 投資については余裕資金があれば一刻も早く準備することをおすすめ致します。将来的にインフレが起こってしまった場合、お金の価値が下がってしまうためインフレに負けないように資産運用していくことが望ましいからです。 老後資金形成という目的で考えると、イデコによる資産運用がおすすめです。デメリットとして60歳になるまでは原則としてお金を引き出すことができない点がありますが、老後にとっておくお金だから引き出せなくていいという考え方ができればご検討いただければと思います。 メリットとしては確定申告時に支払額の全額が控除できることと、運用益が非課税で運用できることがあげられます。運用益を合わせて複利で運用できるため早くはじめればはじめるほど効果が大きいという形になります。 以上個人的な見解を含みますがご参考になればと思います。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

あおい さん

ご回答ありがとうございます。 インフレになった場合のことも考えて資金を準備する必要があるのですね。 イデコのメリットの支払額控除や運用益の非課税はとても良いですね。60歳になるまで原則引き出せないのは少し厳しいですが、無理のない範囲で運用できるよう検討してみたいと思います。 丁寧なご回答ありがとうございました。
返信アイコン西村(FP)プロフィール画像
西村 / ファイナンシャルプランナー

お金の価値は変動しますので、今はデフレの状態ですが将来どうなるかはわかりません。ただ貯金しているだけではお金の価値が変動したときに損をしてしまうことになりかねないため準備ができるなら早めにこしたことはないと思います。 今の生活に支障がない範囲でご準備いただければと思います。ご連絡ありがとうございました!

ありがとうアイコン


内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

老後生活は、年金だけの収入になるので、ニュースなどで減額や受給開始年齢の引き上げ情報に不安になると思います。これは、少子高齢化が背景にあり、現実になってくると問題だと思います。 そうなると公的年金だけでは豊かに暮らすことはできないので、今からでも老後に備えて貯金しなければなりません。老後資金の準備として掛金が税額控除になるiDeCoがありますが、60歳までは引き出せないということと、会社経由の申し込みが煩わしい場合は、「つみたてNISA」という方法もあります。 「つみたてNISA」投資信託の利益が非課税になるものなので、20年間しか運用はできませんが、iDeCoと同じように毎月コツコツと積み立てるものになります。こちらは、いつでも引き出せるので急な出費にも対応することができます。 余裕があるならば、今以上に資産運用をして、今のうちに投資で増やすことが、将来のチカラになります。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

あおい さん

つみたてNISAという方法もあるのですね。投資信託は運用が難しそうと思って今まで考えていなかったですが、利益が非課税になるのはいいですね。 イデコとあわせて検討してみたいと思います。丁寧なご回答ありがとうございました。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事