老後・年金カテゴリアイコン老後・年金

更新日:

Q

確定拠出年金って得ですか?

相談者プロフィールアイコン

まつさん
女性 / 40代 / 広島県 / パート・アルバイト

夫婦二人共稼ぎ世帯で、お互い厚生年金制度に加入しています。 主人の職場では確定拠出年金も導入していますが、イマイチ良く分かりません。 何年以上掛けた方が良いのか、また途中解約?など どの様になってるのですか? 期間が短いと損にならないか気になります。 税金がお得になると聞いたのですが、年末調整は どうすれば良いのかわからないです。 銀行などでも個人で確定拠出年金が申し込めると聞きましたが、職場に申告する必要がありますか?

2名の専門家から回答があります
國弘 泰治(FP)のプロフィール画像村井 一則(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
國弘 泰治(FP)プロフィール画像
國弘 泰治 / ファイナンシャルプランナー

FPオフィスALIVE

福岡県 > 福岡市西区

初めまして、福岡のFPオフィスALIVE國弘と申します。旦那様の職場に確定拠出年金を導入しているとおっしゃってますが、推測ではございますが企業で行っている確定拠出年金(企業年金)だと考えられます。ですので旦那様が企業で確定拠出年金に加入されている場合、個人で銀行などで確定拠出年金を申し込む場合は、掛け金の限度は月額20000円(年額240000円)になります。まつ様が加入される場合、国民年金の第3号に該当する(主婦・主夫)場合は掛け金の限度額は月額23000円(年額276000円)で、該当しない場合でもアルバイト内に企業年金等がない場合でも、月額23000円になります。 途中解約に関しては、基本出来ないものになっていますが、掛け金額を変更することは可能です。ただし途中解約ができる例外もございます。離転職を行った場合に加入者要件を喪失した場合、万が一のことがあった場合、病気や事故で障害があった場合に途中解約の要件に適応されます。 途中解約に関しては、以下のホームページに添付いたします。 https://ideco-online.jp/knowlegde/2010 職場に関しては年末調整では申告が必要です。 まだわからない所もあるとはございますが、お役に建てれれば幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

まつ さん

早速の回答ありがとうございます😊
返信アイコン國弘 泰治(FP)プロフィール画像
國弘 泰治 / ファイナンシャルプランナー

メッセージそしてベストアンサーありがとうございます。 お役に立てていただき幸いです。


村井 一則(FP)プロフィール画像
村井 一則 / ファイナンシャルプランナー

ノーリエ合同会社/ノーリエFP事務所

北海道 > 札幌市北区

まつさん はじめまして。ノーリエFP事務所の村井と申します。 知りたいことと順番ではありませんが、混乱させては申し訳ないので、手続きに沿って説明させていただきます。 1.会社員の場合は会社に申し出る必要があります。 まつさんの会社では制度を導入されていないので、任意加入ですが、個人型の確定申告拠出年金を始めるには、「国民年金基礎連合会」に会社が事業登録しなければならないという決まりがあるのです。 お申し込みは、金融機関で良さそうなものですが、窓口での扱いは少なく、コールセンターまたはインターネットを使っての申込となります。 申込が終わると書類が送られてくるので、書類に記載して返送すると口座が開設され、引き落としが始まります。 私の場合は、いつも利用しているネット証券で申し込みました。(金融機関によって維持管理の手数料や購入金額、信託報酬、金融商品の数も異なります)。 個人型の確定拠出年金は、60歳まで運用する制度なので途中解約してそれまでの積立金を引き出すということができません。(20年近くの長期運用なので、短期で損という考えは成り立たないといえますね) また、60歳で受け取りを開始するためには、加入期間が10年以上であることが条件として定められています。 ただ、途中解約はできないものの掛金を下げてもらうことはできます。 1,000円単位で変更が可能で、最低掛金は5,000円となっていますので、毎月5000円以上の老後資金を積み立てたい場合にはお勧めです。 〇税金の還付を受けるには、年末調整か確定申告になります。 会社の給料から天引きができれば 年末調整できるので手続きはいりません。 個人の預金口座となると、確定申告で還付手続きが必要です。 会社で天引きしてもらえると楽ですが、会社によって対応が違いますので確認されるといいでしょう。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事