ローン・キャッシングカテゴリアイコンローン・キャッシング

更新日:

Q

自動車購入にあたり、ローンの適正

相談者プロフィールアイコン

あんどうさん
男性 / 40代 / 岐阜県 / 経営者・会社役員

正社員として金属加工メーカーの営業をしております。来年の11月に自家用車の車検が控えており、タイミング的には今回で買い替えも検討しております。現在の車を下取りに出したとしても自動車ローンを組むことになると思いますが、年収の何パーセントくらいが適正なのかご教示頂きたいです。ちなみに150万のローンを組むと仮定して、世帯年収が800万(妻と合算)で無借金です。月々の返済がいくらくらいなら理想的でしょうか?

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像森井(証券アナリスト)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

車のローンには大きく分けると、銀行のカーローンとディーラーローンがあります。 銀行のカーローンは金利は低いものの審査には時間がかかり、手続きは全部自分でしなければならないので、わずらわしさはあります。 ディーラーローンは銀行より金利は高いものの、車が担保になるので比較的審査が緩く、スピードも早いです。 自動車ローンに限らず、ローンの適正な年間返済率は年収400万円以下ならば30%以内、400万円以上ならば年収35%以内になります。 しかし、大事なのは月収の手取り金額の割合が25%以内だと無理のない余裕を持った毎月の返済額になるので、手取り月収より計算してみてください。 ご参考いただければ幸いです。

ありがとうアイコン


森井(証券アナリスト)プロフィール画像
森井 / 証券アナリスト

あんどうさん、こんにちは。自動車ローンについてのご相談ですね。 よく、車の購入代金は年収の何パーセントまでが目安となるのかという議論がされますが、多くの場合、最大でも年収の半分程度だと言われています。 理想としては、1/3程度が良いとも言われていて、なるべく購入代金が大きくならないようにすることが重要だと言われています。 単純に計算すると、年収が1000万円程度の高所得者であれば500万円くらいの車が購入できますし、理想としては330万円くらいの車の購入となります。 さて、ローン代金の目安は、車を購入する際に売却する車の時のローン代金が目安となりやすく、比較しやすいですし家計簿も計算しやすいです。ですので、現在と大きくかけ離れる金額となるローンを組むのはオススメできません。 今までの車の月々のローンが3万円であれば、新しい車を購入する際にも3万円程度のローンを組むようにすると良いでしょう。 現在、あんどうさんは無借金ということですが、月々のローンの支払いとしては3万円程度がよろしいかと存じます。この金額ですと、家計管理が非常にしやすくなります。ご参考になれば幸いです。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

あんどう さん

非常にわかりやすいご回答を頂きましてありがとうございました。頂いたご回答を参考にして、ローンの設定をしていきたいと思います。また何かありましたらよろしくお願いいたします。
返信アイコン森井(証券アナリスト)プロフィール画像
森井 / 証券アナリスト

お役に立てて幸いです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事