保険カテゴリアイコン保険

更新日:

Q

自分に合った保険の選び方

相談者プロフィールアイコン

たろっぴさん
男性 / 40代 / 北海道 / 自営業

48歳男性、独身です。 現在、生命保険には加入していないのですが、 年齢的なことからも保険の加入を検討しています。 しかしながら、保険会社や保険の種類が多すぎて自分に合った保険がわからない状態にあります。 独身であることから、死亡保証よりは病気に対する保証が手厚い保証が望みなのですが、 どの保険会社が良いのか、どの商品が良いのかまったくわかりません。 できれば毎月の保険料も安くとは考えていますが、安い商品は安いなりのデメリットも あると聞いたことがあるので、そのあたりも不安に思っているところです。 保険選びに関して、何かアドバイスがいただければ幸いです。 よろしくお願いします。

3名の専門家から回答があります
大場 脩(FP)のプロフィール画像田中 智幸(FP)のプロフィール画像鈴垣(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
田中 智幸(FP)プロフィール画像
田中 智幸 / ファイナンシャルプランナー

たろっぴ様の仰る通り、独身では死亡保障は準備しなくても大丈夫そうですね。 病気に対する保障となると「医療保険」となります。 医療保険の見分け方としては「手術した時に出るお金が、88種類に該当するかどうか」ですね。 新しいタイプの医療保険では、基本的には保険証が使える手術ならお金が出ます。 ただ古い医療保険になると、保険会社が支払うと定めた88種類に該当しないと出ません。 この88種類というのは、開腹手術のようなかなり重い手術が中心となり正直なところ時代錯誤の保障と言えます。 保険の見直しで相談に来られた人がいて最近驚いたのは、 去年に加入した医療保険の詳細を見たら88種類にしか該当しなかったことです。 手術しても仮に88種類に該当しなかったから、この保険だと出ないことになります。 保険会社の大まかな傾向としては 店舗型(知名度が高く、お店を構えているタイプ。営業職員が自宅や職場に訪問) ネット型(知名度は店舗型より低いが、お店が無い分だけ費用が浮くので保険料が安い。営業職員はいない) 共済(保険料は安いが、一定の年齢を超えると保障内容が激減) 48歳となると共済は厳しいので、店舗型かネット型となります。 ネット型は保険料が安い代わりに、商品を選ぶ時に知識が必要ですね。 手続きも全て自分でやらないといけません。 店舗型は保険料が高めの傾向ですが、丁寧な説明を受けながら選べます。 勿論、説明を受けたからといって強制的に加入させられる事は無いので、1社で決めずに数社から説明を受けると良いのではないでしょうか。 参考になれば幸いです。

ありがとうアイコン


大場 脩(FP)プロフィール画像
大場 脩 / ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルサポーター

山形県 > 山形市

たろっぴさま 山形でFPをしている大場と申します。まず民間の保険に関しては、どこの保険会社やどんな種類には入るのかよりも、毎月支払っている社会保険料(国民年金や国民健康保険など)の対価というか効果を知った上で足りない部分を埋めるイメージで考えています。これを公的保障と言います。 たろっぴさんは自営業と言うことで、一般的には会社員や公務員の方よりも保障は薄いです。ですので、自分でカバーしておく範囲は広いです。 例えば仕事ができない場合に会社員や公務員の方は「傷病手当金」といった保障があるんですが、自営業の方はそれがありません。仕事ができない状況になれば、収入もなくなり、生活が困窮することも想定されます。ですので、仕事ができない場合の保障はカバーしておくことが望ましいかと思います。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

たろっぴ さん

ご回答ありがとうございました。 足りない部分を埋めるイメージ、なんとなくですがわかった気がします。 自分の環境において、何が足りていないのか?を今一度考えてみたいと思います。 その上で、足りない部分を埋めてくれる保険を検討してみたいと思います。

鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

たろっぴさん、はじめまして。 ファイナンシャルプランナーの鈴垣です。 お一人の場合の保険についてですが、やはり死亡保障よりは医療保障に重点を置いた方がいいですね。 ただ、全く死亡保障が必要でないわけではなく、亡くなった後の葬祭費などを考えて、200万円程度の終身保険を検討してもいいと思います。 医療保障については、入院や手術などで、医療費が高額になった場合は、高額療養費制度を利用すれば、約9万円の自己負担ですみます。貯蓄などで対応できれば、医療保険に加入する必要はないと思います。医療保険に加入するのであれば、保険料が安いネット保険会社などがいいです。保障についてどの保険会社もあまり変わらないと思いますが、加入前に比較した方がいいですね。 また、これら以外にも自営業の方向けですが、所得保障保険という保険があります。 これは、入院などで働くことが出来ない期間にその間の収入を補うものです。 会社員の方であれば、健康保険に同じような制度がありますが、国民健康保険にはこの制度がないので、これを利用するのもいいと思います。 以上、参考なさって下さい。

ありがとうアイコン

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事