相続・贈与カテゴリアイコン相続・贈与

更新日:

Q

実家は生前贈与してもらった方がいいのでしょうか?

相談者プロフィールアイコン

ぷーさん
女性 / 30代 / 千葉県 / 会社員

30代のOLです。主人と子供の3人で持ち家に住んでおります。ちなみに私と主人は一人っ子同士でそれぞれの親は健在です。今回は自分の実家を相続する流れと生前贈与してもらったほうがいいのかなどをお聞きしたいと思い相談させていただきました。私の実家は有名な市ではありますが、その中でも田舎の方です。借り手などが見込めるかはわかりませんが、万一離婚などをしたときに住む場所を確保したいので考えるようになりました。会社の人も親がなくなった後だと手続きが大変だったと言っていたので、生前と死後だとどう変わるのかも知りたいです。夫の名字に変わっていますが、生前贈与はスムーズにできるのでしょうか?またそれにかかる税金なども教えていただきたいです。

1名の専門家から回答があります
小林(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

小林(FP)プロフィール画像
小林 / ファイナンシャルプランナー

ぷーさん、はじめまして。 親御さんの財産を相続で引き継ぐか、相続で引き継ぐかお悩みのようですね。 結論から言うと、生前贈与をしても税金が高くなってしまいます。 贈与税の計算は、1年あたり110万円までは税金が発生しませんが、110万円を超えると税額が発生します。 一方、相続の場合は基礎控除の額が「3,000万円+600万円×相続人の数」として計算されるため、相続人が一人の場合でも3,600万円まで相続税が発生しません。 また、不動産を取得すると不動産取得税がかかりますが、相続の場合はかかりません。 具体的な金額を示しますと、3,000万円の不動産を相続した場合の相続税はゼロですが、贈与の場合1,000万円以上の税額が発生します。 なお、贈与の場合に相続時精算課税という制度を利用すると2,500万円まで非課税となりますが、相続の際には通常の相続税が発生しますし、通常の贈与が利用できなくなるといったデメリットが大きいため、おすすめできません。 相続の際に手続きが大変だったという話を聞かれたようですが、贈与だから簡単というわけではありません。その点はあまりこだわらずに、発生する税額などで判断すれば良いのではないかと思います。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ぷー さん

生前贈与の方が効率がいいと思っていましたが税金額がそんなに変わるとは知りませんでした。今一度勉強し直したいと思います。ありがとうございました。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事