相続・贈与カテゴリアイコン相続・贈与

更新日:

Q

相談に関する不安と相談

相談者プロフィールアイコン

はなさん
女性 / 40代 / 愛知県 / 会社員

はじめまして。この度は相続に関する相談をさせていただきます。 現在母親名義の土地、家屋に住んでいますが、母親は土地を売りたいようで、売ってお金に換えようと言ってきます。母親は78歳で(認知症との診断あり)、先が長くないので現金が欲しいようです。土地を売ったお金で中古のマンションを買えばいいと言いますが、実際いくらになるのかはわかりませんし、生前贈与の場合、税金が高いと聞いたことがあります。だったら、土地を売るのなら、私としては母親が亡くなってから売りたいと思います。この場合どちらが賢明なのかアドバイス頂きたいと思います。宜しくお願いします。

2名の専門家から回答があります
小林(FP)のプロフィール画像原(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

小林(FP)プロフィール画像
小林 / ファイナンシャルプランナー

はなさん、はじめまして。 お母様のお考えも、はなさんのお考えも、もっともと思えるものですから、難しい問題ですね。 もしマンションを購入するのであれば、今お住まいのご自宅を売却して中古のマンションを購入する、というところまではお母様が行うことになります。お母様がご健在の間にはなさんの名義に変えると、おっしゃるように贈与税がかかりますが、名義を変えなければそのような心配はありません。 相続する前に売却する場合より、相続してから売却する方が、仮に相続税が発生した場合に、払った相続税を売却代金から引くことができるため、売却益にかかる所得税が軽減されるため有利になります。 相続税には基礎控除という金額があり、「3,000万円+600万円×相続人の数」で計算される金額までは相続税が発生しません。お母様の財産が自宅以外にどのようなものがあり、相続税が発生するかどうかを調べてみてはいかがでしょう。 また、気がかりなのは、お母様がこのままご認知症ということですから、この先今までどおりに過ごすことができるかどうか分からないことです。その場合、施設に入られるのか、あるいは在宅でのケアをされるのか分かりませんが、仮にまとまったお金が必要となる可能性があるならば、自宅を売却し、中古のマンションを購入したうえでお金を残しておくという選択肢もあるかと思います。その場合に備えて、ご自宅を売却した場合の相場や、新たな住まいの情報などを集めてみるのもいいかと思います。

ありがとうアイコン


原(FP)プロフィール画像
原 / ファイナンシャルプランナー

はなさん 初めまして。ファイナンシャルプランナーの原です。 ご質問に回答させていただきます。 仰る通り、マンション売却後、現金化し、その分を生前贈与で受け取った場合、 贈与税がかかります。 贈与税に関しては、110万円の基礎控除がありますが、1年間のそれ以上の贈与があった分の金額に対して贈与税が課せられます。 税金対策として考えた場合は、相続後、売却し現金化していくほうがメリットはあると考えられます。 ただ、どうしても、直ちに売却して現金化したいということであれば、以下の方法で贈与税対策を行うことも可能です。 それが「相続時精算課税制度」という制度です。 相続税と贈与税を一体として考える制度で、生前贈与は以下の要件を満たした場合には2,500万円まで贈与しても非課税、2,500万円を超える部分は一律20%課税となります。 特例を受けるための要件は以下の通りです。 ■60歳以上の親または祖父母から20歳以上の推定相続人である子及び孫への贈与であること。 ■贈与する財産の種類、贈与回数は制限しない。 ■本制度の選択をした子が最初に贈与を受けた年の翌年の2月1費から3月15日までの間に所轄税務署長に対して、その贈与の申告書に添付して本制度の選択の届出を行うこと。 ■上記選択は、贈与者である父母ごとに選択でき、また兄弟姉妹がそれぞれ選択すること。 このような制度もありますので、さらに詳しい内容を確認したい場合は、 お近くの税理士のご相談されることをお勧めします。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

はな さん

回答ありがとうございます。 いろいろ面倒な手続きがあり、個人ではわからないこともありそうですね。税理士を訪ねるのも敷居が高そうですが、やはり、専門家に相談した方がよさそうですね。 また相談がありましたら、お願いします。
返信アイコン原(FP)プロフィール画像
原 / ファイナンシャルプランナー

はなさん ご返信ありがとうございます。 そうですね、税理士となると敷居が高そうですが、訪問してみるとそうでもありませんよ。 しっかりとご相談に乗っていただると思います。 ぜひ、行動されてみてください。

ありがとうアイコン

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事