保険カテゴリアイコン保険

更新日:

Q

30代子ども2人の保険料について

相談者プロフィールアイコン

ピーチさん
女性 / 30代 / 福岡県 / 主婦・主夫

現在入っている保険が年齢や現在の家庭状況で妥当かどうかお聞きしたいです。 主人(33歳、会社員)の保険と、私(33歳、主婦)の保険で月1万3000円ほどかかっています。これに加えて、1人目の子供の学資保険2万円ほど(満期300万)がかかっており、2人目の学資保険も同額(満期300万、月払い2万円ほど)を現在検討しております。 自分たちの医療保険と子供の学資保険合わせて、5万円を超えることになります。今後保険料は上がっていきますし、マンションや車のローンが発生する可能性も高く、そうなると現在の内容が妥当なのか、見直しが必要か迷うところです。ご意見をお聞かせください。 ●主人の保険(月7000円ほど) 定期保険 3大疾病保障 身体障害保障 介護保障 特定損傷 総合医療保険 がん医療保険  ●私の保険(月6500円ほど) 医療保険+先進医療特約 がん保障付生命共済 終身・定期総合医療共済

3名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像鈴垣(FP)のプロフィール画像大場 脩(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

将来の教育資金に対して、きちんと準備をされていると思います。保険料は固定費になり、支払いが多くなると毎月の家計を圧迫してしまいます。 学資保険は貯蓄性のある保険なので、貯金と考えて、保険料は月13,500円と考えれば、手取り月収の6%が理想になるので、妥当な範囲内だと思います。 さらに、安くしようと思えば、掛捨ての死亡保障のみと共済保険に変更することが節約になります。 1人目のお子様に学資保険の満期300万円で加入されていますので、2人目のお子様には違った形での準備がいいと思います。 学資保険は、教育資金の準備には最適なのですが、契約時に満期額が決まっているので、物価上昇には対応できませんし、緊急にお金が必要になった時に、解約すると元本割れします。 なので、同じように学資保険よりも、積立預金で緊急の出費にも対応できるように備えておくか、つみたてNISAで準備するという考え方があってもいいかと思います。 ご参考いただければ幸いです。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ピーチ さん

内山さま ご回答ありがとうございます。 2人目の学資保険については、1人目と同様にとあまり考えずに思い込んでいましたので、アドバイスいただいた、保険に入らず積立預金、つみたてNISA等もぜひ検討したいと思います。

鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

ピーチさん、ファイナンシャルプランナーの鈴垣です。 再度のご質問ありがとうございます。 相談内容から保険の内容を確認しました。現状ではそれほど無駄な保障があるとは言えませんが、今後住宅を購入されることを考慮すると、若干の見直しが必要と思います。 まず、ご主人の保障についてですが、大別すると死亡定期保険、医療保険、がん保険ということになりますでしょうか。定期保険には特約が多くついておりますが、年齢が30代ということであれば、障害や介護とものは現状では無くてもいいと思います。また定期保険ですので、満期までにそのようなことが起こる可能性は低いですからね。万が一、障害を負ってしまった場合などは、国民年金や厚生年金から障害年金が受給できますので、これらでカバーできると思います。 次に奥様の保障についてですが、医療保障が医療保険と医療共済で重複していると感じます。月々の保険料と保障内容を比較し、どちらかに統一した方がいいと思います。おそらく共済の方が保険料は低いですので、保障内容にそれほど差がなければ、共済にした方がいいです。 以上から、現状の保険料より数千円程度抑える可能性がありますので、検討してみて下さい。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ピーチ さん

鈴垣さま ご回答ありがとうございます。 具体的な保険内容について書けなかったのですが、ご推測いただいたとおりです。 個人的にも主人の保険の障害と介護部分は現時点で不要ではないか、私の保険の医療保険と共済内容が重複している部分が気になっていましたので、ぜひ見直し検討の参考にさせていただきます。
返信アイコン鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

メッセージありがとうございます。 回答にもありますように、現時点ではそれほど無駄な保障はありませんので、ご提案した内容を参考の上、検討してみてください。


大場 脩(FP)プロフィール画像
大場 脩 / ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルサポーター

山形県 > 山形市

ピーチさま 山形でFPをしている大場と申します。毎月保険料5万円を超える場合は、いくら貯蓄ができると言っても、それだけ支出が保険料に偏っているのではないかと想定されます。 ですので、一度立ち止まって考えてみると良いかと思います。具体的には、学資保険が必要なのかどうかです。学資保険に限らずお金を貯めたい、育てたいという場合は3つの方法があります。 ・貯金‥増えもしないし、減りもしない、キープの意味合い。いつでも使える。 ・保険‥途中で下ろすのは難しい、貯金よりは増える可能性があるが、そこまで高くない。 ・投資‥やり方次第ですがいつでも下ろせる、貯金や保険よりも増える可能性がある、逆も然り。 そう考えると、保険にこだわらず、貯金や投資も検討していくことが良いのではないかと思います。 保険にしかできない事もありますが、保険ではできない事がたくさんあります。 参考になれば幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事