税金カテゴリアイコン税金

更新日:

Q

扶養に入ってるときに収入が103万こえた場合

相談者プロフィールアイコン

けんごさん
男性 / 20代 / 東京都 / 学生

年末調整の時期が近づいてきて、気になったのですが、大学2年生のときに家庭教師をしており、個人契約だったために、銀行振込ではなく、手渡しで受け取っていました。 月10万程度だったので、103万を少しオーバーしていたのですが、そのまま確定申告をしていません。 ずっと気になっていたのですが、これは大丈夫なのでしょうか。

1名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

アルバイトの学生でも、収入があれば所得税・住民税を納付しなければなりません。 ただし、基礎控除38万円、給与所得控除が65万円あるので合計103万円までは税金がかかりません。なので申告もしなくてもいいですが、103万円超になると確定申告で納税しなければなりません。 しかし学生の場合は、確定申告書に勤労学生控除に関する事項を記載して提出すれば、勤労学生控除という27万円の所得控除を受けることができます。 ということは130万円までは税金がかかりませんが、103万円以上は扶養を外れてしまい、親の税金負担が重くなります。 個人契約ということで、雇用主側も正式な手続きはされていないと思うので、そのあたりはグレー的な扱いになります。 ご参考いただければ幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事