相続・贈与カテゴリアイコン相続・贈与

更新日:

Q

遺産を相続するにあたり

相談者プロフィールアイコン

かみやさん
男性 / 30代 / 千葉県 / 会社員

自宅や車が遺産として残り、遺言状などは無かったとします。兄弟2人の場合は2等分、3人の場合は3等分するのが普通だと思いますが、仮に2人兄弟で遺産の自宅の資産価値が1000万円だったとします。この場合は兄弟2人だと2等分で500万円ずつですが、兄が「家を売らずに自宅に住みたい」と言って、弟は「一刻も早く売却して現金にしたい」と言った場合は、どうするのが一般的と言えるのでしょうか?実際に私の家は将来そうなる可能性も高いので、是非とも専門家の意見が聞きたいです。

2名の専門家から回答があります
小林(FP)のプロフィール画像高橋(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

小林(FP)プロフィール画像
小林 / ファイナンシャルプランナー

かみやさん、はじめまして。 相続人どうしで意見が対立した場合の取扱いについて疑問をお持ちのようですね。 確かに、相続人どうしで遺産を利用したい人と、売却してお金に換えたい人の意見が対立することは珍しくありません。ただ、そこに住みたいからといって勝手に名義を変更したり、勝手に売却することはできません。遺産の分割協議が成立し、遺産分割協議書をもっていなければ登記をすることはできないからです。 このような場合に考えられるのが、代償分割という方法です。代償分割は、相続財産を相続し、相続した人が相続していない人にお金を払うというものです。分割することのできない不動産を1人で相続する場合や、不動産を利用したい人とお金が欲しい人の双方の要求を満たす方法として有効です。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

かみや さん

なるほど、参考になりました。 ありがとうございます。

高橋(FP)プロフィール画像
高橋 / ファイナンシャルプランナー

おっしゃるようなケースは、よくあるケースだと思います。 家を売却することで合意できれば、それが一番スッキリすると思いますが、お兄様が自宅に住むという選択をするのであれば「代償分割」の制度を使って、資産価値の半分の金額(この場合500万円)をお兄様から弟様に支払う形になります。 すぐに500万円を一括で用意できない場合は、分割での支払いということも可能です。この場合は、分割支払いの条件を明確に遺産分割協議書に記載しておけば、贈与や所得と見なされてしまうリスクを回避することが可能です。 お兄様と今のうちからお話をされて、方向性をある程度決めておかれることが、将来のトラブル回避につながると思います。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事