家計・ライフプランカテゴリアイコン家計・ライフプラン

更新日:

Q

子ども3人を育てるのに必要な年収

相談者プロフィールアイコン

ピーチさん
女性 / 30代 / 福岡県 / 主婦・主夫

現在、夫(33歳、会社員)、妻(33歳、専業主婦)の自分、4歳の娘、4ヶ月の息子で賃貸マンションに住んでいます。夫の年収は600万弱です。この先もう1人産みたいと思っていますが、学費や生活費の面で迷うところです。 子ども3人大学卒業(すべて国公立と仮定)まで育てるとなると、どの程度の世帯収入が必要でしょうか。必要年収によって、私の今後の働き方(いつから働くか、正規か非正規かなど)の参考にしたいと思います。よろしくお願いします。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像鈴垣(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

学校によって違いはもちろんありますが、オール公立なら約1,000万円、オール私立なら約2,500万円の教育費がかかると言われています。 他にも、住宅ローンの返済や生活費がかかるので、教育費で生活は大変になってきます。   また、文部科学省のデータでも大学4年間の教育資金は最低でも約450万円以上になり、学習塾や習い事などが増えるとさらに必要になってきます。 高校生まではオール公立であれば生活費の日々の暮らしでやっていくことができるので、大学資金の準備できるかどうかの判断で考えればいいと思います。   単純計算ですが、3人分の大学資金は約1,350万円で18年間では75万円、月に6.25万円貯める必要があり、教育費のみで考えた時に支障のない10%以内の割合では手取り月収約62万円が必要な計算になります。 小学生の時など貯めやすい時期もあるので、その時にさらに貯金する考え方をすれば大丈夫ですが、他に抑えなければならない費目がでてきます。 目安として参考いただければ幸いです。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ピーチ さん

内山さま 月6.25万円の貯蓄が必要ということで、具体的な数字大変参考になります。 ありがとうございました。

鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

ピーチさん、はじめまして。 ファイナンシャルプランナーの鈴垣です。 教育費については、幼稚園から大学まで1人あたり700万円から2000万円必要と言われています。 全て国公立ですと、700万円から800万円でしょうか。 これには入学金や授業料の他に学童などの課外活動費や塾の費用も含まれています。 この金額を一度に用意するのは厳しいので、各進学のタイミングで目標金額を決めて貯蓄するのがいいと思います。例えば、「幼稚園入園まで100万円準備する」といった感じですね。 費用が必要になってくるのは、高校入学からですので、できればそれまでに7割から8割準備できるといいです。先述した全て国公立の場合ですと、約600万円ということになります。上のお子さんが高校に入学するまではあと12年ありますので、年間50万円、月4万円貯蓄できればいいことになります。 準備する方法としては、やはり毎月一定額を積み立てる方法がいいと思います。銀行の積立型定期預金を利用するのもいいですが、ある程度リスクを許容できれば、投資で増やすことを考えてもいいですね。お薦めは今年から始まりました「つみたてNISA」ですね。これは、年間40万円まで最長20年間(最大で800万円)運用した際に得た運用益が非課税になります。通常は約20%課税されますので、長期運用では大きな差になります。 運用は口座を開設する金融機関が指定する投資信託に限られますが、これは運用コストが低く、今まで安定した運用がされてきたと金融庁が認定したものですので、大きな損が出る可能性は低いですね。 銀行の預金は低金利が続いてますので、これを利用して増やすこと検討してもいいと思います。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ピーチ さん

鈴垣さま 具体的な数字とつみたてNISAについてお教えいただきありがとうございました。 参考にさせていただきます。
返信アイコン鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

メッセージありがとうございます。 今回の提案が今後の資産形成に役立てればと思います。 また、わからないことがありましたら、連絡をお願いします。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事