保険カテゴリアイコン保険

更新日:

Q

生命保険の加入に関して

相談者プロフィールアイコン

とむさん
男性 / 20代 / 神奈川県 / 会社員

現在、社会人1年です。 生命保険など入るべき保険がわからないです。 年収400万程度ですが、これからどのような準備をしていけばいいか教えて欲しいです。

3名の専門家から回答があります
田中 智幸(FP)のプロフィール画像鈴垣(FP)のプロフィール画像宮下(保険アドバイザー)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
田中 智幸(FP)プロフィール画像
田中 智幸 / ファイナンシャルプランナー

生命保険はたくさん種類がありますし、保険会社の種類も多いので分かりにくいですよね。 とむ様は現在、独身ということですので最低限の医療保険を準備するだけで充分と考えています。 医療保険とは、ケガや病気で入院した時に、入院した日数に応じてお金が貰える他に 手術をした内容に応じて一時金が出る形が主流です。 反面、いわゆる死亡保険は現状で準備する必要は無いですね。 死亡保険とは、定期保険や終身保険がありますが亡くなられた時に指定した人へお金が支払われる保険です。 家族のいる人が、遺族に対して遺すタイプの保障となりますので現状のとむ様には不要と言えるでしょう。 保険会社はたくさんありますが共済なら、月1000円~2000円程度で充分な保障を準備することができます。 ただ結婚して家族が増えた場合や、年を重ねた場合等ライフスタイルの変化に応じて保険の内容も変えていくのが賢い使い方です。 参考になれば幸いです。

ありがとうアイコン


鈴垣(FP)プロフィール画像
鈴垣 / ファイナンシャルプランナー

とむさん、はじめまして。 ファインシャルプランナーの鈴垣です。 保険への加入を検討中ということですが、基本的に独身で若いうちは生命保険への加入は不要と考えます。 理由としましては、保険という性質上考えられるリスクにおいて備えるべきお金がまだ少なくて済むと言うことです。例えば、今後結婚されて子供が生まれた場合、とむさんが亡くなったとすると、残された奥さんや子供も今後の生活を考えると保険を利用して、その時に備えることがありますが、まだ若く独身であるならば、そのような必要性がありません。但し、ご両親を扶養されている場合で、亡くなった場合にご両親の生活が苦しくならないようにするためには、先程と同じ考えで保険への加入をしてもいいと思います。 ですので、生命保険への加入は結婚するときに行ってもいいですね。それまでに十分な貯蓄があれば、それで奥さんや子供の生活が賄えるのであれば、保険は不要ですね。 現状は保険への加入よりは今後のことを考えて、貯蓄をしていく方がいいと考えます。 どうしても保険への加入をするのであれば、医療保険ですね。会社にお勤めであれば、健康保険へ加入されて、医療費は3割負担、入院などで医療費が高額になった場合は「高額療養費制度」で約9万円の自己負担で済みます。健康保険によってはさらに付加給付として2万円の負担で済む場合もありますので、その点を考慮して保険へ加入を検討してください。 以上、参考になさってください。

ありがとうアイコン


宮下(保険アドバイザー)プロフィール画像
宮下 / 保険アドバイザー

とむさん、はじめまして。 保険アドバイザーの宮下です。 さて、社会人1年目で保険に入るべきかとお悩みということですが、そう思われたのは入っておいたほうがいいのか?という想いからでしょうか? よく若くて独身のうちは保険は必要ないという方もいらっしゃいますが、そもそも保険はどうして入るのか?ということを考えていただくとよいのではないかと思います。 亡くなったとき、病気のときなどに備えるのが保険ですが、亡くなられたときの保障については一般的には葬儀代と整理費用といわれます。 そして、病気の際については、病気にもよりますが治療期間が長くなる、あるいは治療費が高額になるケースを想定しておく必要があります。 さらには治療期間、働けないケースも想定しておく必要もあるでしょう。 いまならまだ親御さんに頼る方法もあるのでしょうが、社会人となり独立されたということであれば、発想も変えていく必要もあるでしょう。 若いときだからこそ月々の保険料も低く加入できます。 結婚してから考える。 とか、なにかあったら考える。 ではなく、いま、保険を考えられたタイミングがご加入のタイミングではないかと思います。 何に備える保障を持つか、じっくり相談して検討いただくことがポイントだと思います。

ありがとうアイコン

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事