不動産・住宅ローンカテゴリアイコン不動産・住宅ローン

更新日:

Q

住宅ローン減税の還付を受けるための手続き等について

相談者プロフィールアイコン

AKTさん
男性 / 30代 / 東京都 / 会社員

宜しく御願いいたします。 住宅を今年購入し住宅ローンを組んでおります。※契約完了済み。融資実行済み 住宅ローン減税についてお伺いしたいのですが、 還付を受けるにあたって事務手続きなど、必要なことや注意事項などはありますでしょうか。 事務手続きに関係しますが、減税額などは自身で計算を実施してどこかへの申請が必要なのでしょうか。 また、還付金が出る認識でおりますがどのような形で支給されるのでしょうか。 ※振り込みや税金からの控除など。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像安井 貴生(税理士)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

給与所得の会社員であれば、住宅ローン控除は初年度は自分で確定申告をしなければ、所得税・住民税の還付金を受け取ることができません。その年の支払った所得税から還付され引ききれない場合は次年度の住民税から減額されます。そして、次年度は会社の年末調整で還付金を受け取ることができます。 会社員であれば、確定申告というのは馴染みがなく難しく感じると思いますが、国税庁の「確定申告書作成コーナー」を検索すると、自分が該当する項目に進み、「源泉徴収表」と金融機関から送られてくる「住宅ローン残高証明書」を見ながら空欄を記入すると自動計算され簡単に確定申告書ができます。 プリントアウトして管轄の税務署に、必要書類と一緒に送付して受理されれば確定申告書に記入した口座に約1か月後に振り込まれます。わからないことがあれば税務署に電話で聞いて下さい。親切丁寧に回答してくれます。 ご参考いただければ幸いです。


安井 貴生(税理士)プロフィール画像
安井 貴生 / 税理士

藤和税理士法人

大阪府 > 大阪市浪速区

初めまして。税理士の安井と申します。 住宅ローン減税の手続きについてのご相談ですが、還付してもらうにあたりましては初年度(初めて還付を受けようとする年)につきましてはご自身で確定申告をし還付してもらう必要があります。 詳細については国税庁のHPに案内がありますのでリンクを貼っておきます。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1213.htm ご自身で作成が難しい場合は、必要書類をお持ちになり、確定申告時期に最寄りの税務署に行って頂ければ相談窓口等を案内してくれ、税務署職員や税理士などが申告書作成の補助をしてくれますのでご利用されれば宜しいかと思います。もちろん無料です。 還付金が発生する場合には、確定申告書に振込口座を記入しますので申告書を提出した後にそちらの口座へ振込みがされます。 なお確定申告が必要なのは初年度のみで、2年目以降は税務署から送られてくる用紙に必要事項を記入し、年末調整時に勤務先へ提出します。勤務先の方で年末調整により還付される仕組みとなります。 以上、ご参考となれば幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事