資産運用・投資カテゴリアイコン資産運用・投資

更新日:

Q

700万円3~5年 リスクが低く利回りが比較的良い資産運用を教えて頂けるでしょうか?

相談者プロフィールアイコン

よーさん
男性 / 30代 / 兵庫県 / 会社員

現在貯金が700万円あります。20代後半で今後結婚等での出費も考慮すると3~5年で引き出し可能、手間がかからず、リスクが低く、できるだけ利回りが良い資産運用を探しています。 一つの方法としてFXのレバレッジ1倍(日本の企業で)での円ドル、スワップポイント狙いを考えています。スワップポイントは10000ドルで1日50~70円程度でした。700万円を概算すると年間10~15万円(利回りが約2%)となりました。 メリット :いつでも引き出し可能、手数料が低い、利益率が比較的高い デメリット:為替損失のリスク と考えています。 ですが素人のためその他のデメリットがないか不安です。 またその他にもっと良い投資方法があれば教えて頂ければうれしいです。 よろしくお願い致します。

3名の専門家から回答があります
村岡(投資アドバイザー)のプロフィール画像潮見(年金アドバイザー)のプロフィール画像青山(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

村岡(投資アドバイザー)プロフィール画像
村岡 / 投資アドバイザー

投資アドバイザーの村岡です。 FXでレバレッジ1倍の取引だと、よー様が把握されているリスク・コストで問題ありません。 別の方法としては、信用リスクを追加すればさらに利回りが増えます。 具体的には米ドル建て債券に投資をします。例えば米国債(ストリップス)だと、3年物で約2.5%程度となります。企業債だとさらに上乗せの利回りとなります。 さらに信用リスクを取るなら、破綻時の弁済順位が悪い「劣後債」という選択肢もあります。今確認できる5年物の国内生保発行米ドル建て劣後債で4%前後あるようです。より格付けの低い外国金融機関発行だと、同年で5%前後の銘柄が見つかります。 信用リスクは、発行体が破綻するリスクで、発行体が破綻してしまえば元本の大部分が毀損される可能性にご留意ください。 参考になれば幸いです。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

よー さん

ありがとうございます。 信用リスクという方法もあるんですね。 しかし元本毀損のリスクはこわいですね。 同じ700万円でもFXのレバレッジ1倍、2倍、3倍であれば受け取れるスワップポイントに差はあるのでしょうか? また現在1ドル約112円ですがレバレッジ1倍、2倍、3倍の際のロスカットの額を概算で教えて頂けるでしょうか? また過去に信託保全制度が守られずにFXの企業が倒産し、元本が戻ってこない事例があるとも聞きました。 法律で定められていますがそういった事例が生じる可能性は高いのでしょうか? よろしくお願い致します。

潮見(年金アドバイザー)プロフィール画像
潮見 / 年金アドバイザー

アドバイザーの潮見といいます。よろしくお願いいたします。 さて、為替リスクがあるものの、1倍のレバレッジでFXで米ドル運用も選択肢の一つとしてよいと思います。 ただし、以下のようなリスク・デメリットも追加で想定しておく必要があります。 ●スワップポイントとは固定ではなく変動する。   スワップポイントは、年間10~15万円(利回りが約2%)が続くとは限りません。 ●スワップポイントはマイナスになる可能性もある。   金利差の問題なのですぐには無いと思いますが、リスク・デメリットして認識しておくべきです。 ●課税の問題(個人は原則雑所得)   為替差益、スワップポイントが確定した時点で、確定申告が必要になる可能性があります。会社員でも給与以外に一定以上の所得があると確定申告が必要です。確定申告による影響も考える必要があります。 以上、参考にしてください。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

よー さん

ありがとうございます。 外貨建ての生命保険(ドル)で利回り3%の商品があると聞きました。 ネットで調べているとドル円の金利差の儲け+生命保険とその控除というイメージを持っています。 こういう商品のメリットとデメリット、またFXレバレッジ1倍と比較した場合どちらが良いかを教えて頂ければ幸いです。 よろしくお願い致します。
返信アイコン潮見(年金アドバイザー)プロフィール画像
潮見 / 年金アドバイザー

ご返信ありがとうございます。 保険について特別の専門ではなのですが、中途解約した場合にどれくらい戻ってくるかが重要だと思います。保険ごとに異なりますが、3~5年後に引き出されることを希望しておられるので、中途解約の条件については徹底的に確認されたほうがよいでしょう。 FXレバレッジ1倍との比較ですが、保険の方が利回りが確定しているのであれば、収益予想がたてやすいというメリットがあると思います。 どちらにしても、資産の大部分を米ドル建てで運用するのはそれなりの為替リスクを伴う運用になります。その点は注意が必要です。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

よー さん

ありがとうございます。 現在の相場でドル建て生命保険が3%というのは割と平均的なのでしょうか、それとも数字だけで言えばお得な方なのでしょうか?
返信アイコン潮見(年金アドバイザー)プロフィール画像
潮見 / 年金アドバイザー

ご返信ありがとうございます。 米国の中期国債の金利が3%近くあります。これと比べると平均的な水準と言えるかもしれません。ただし、保険の場合は期間や条件が個々に異なりますので、慎重に確認されたうえで決定されることをおすすめします。

ありがとうアイコン


青山(FP)プロフィール画像
青山 / ファイナンシャルプランナー

外貨で運用して短期で引き出すと、スワップなどの金利よりも為替差損を被った場合の損失額のほうがはるかに上回ります。短期で引き出すことが前提であれば、外貨で運用することには私は否定的です。円で運用し、高い利回りを得られる商品として、最近登場した商品ではありますが、ソーシャルレンディングがあります。資金を銀行ではなく仲介業者を通じて、資金を調達したい企業に直接貸し付ける商品です。つまり、厳密には投資ではなく融資になります。仲介業者には国内の案件にしか融資しない国内型業者と海外の案件にも融資する海外型の業者があり、一般的に海外型の案件のほうが金利が高く、なんと平均金利は8%くらいの高利回りです。業者にもよりますが、一口1万円から融資可能です。もし融資先の会社に何か不測の事態が起こって資金が返ってこなくなる可能性がゼロではないことがリスクですが、過去の実績を見てもほとんどの案件は無事償還されています。このソーシャルレンディングに200万円融資すれば年利8%とすると、年換算16万円の利息です。貸付期間は案件によりますが、2年くらいの案件が多いようです。

ありがとうアイコン

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事