税金カテゴリアイコン税金

更新日:

Q

一般社団法人の「源泉徴収・給与所得の源泉徴収等の法定調書の提出」につきまして

相談者プロフィールアイコン

ニックさん
男性 / 50代 / 東京都 / 経営者・会社役員

ご多忙の中大変恐縮ですが、どなたかアドバイスをいただけましたら幸いです。会社役員の傍らで副業として2018年2月に一般社団法人を設立し代表理事を務めています。他の従業員は妻が理事の2名体制です。お伺いしたいのは、 ①当該税務署から「平成30年度の給与所得の源泉徴収等の法定調書の提出」書類がきたのですが、私も妻も団体からは一切給料は取っていません。(他に授業員はいません)この場合は、税務署からの書類について提出する義務はないのでしょうか。 ②初年度の決算は2019年2月になりますが、決算申告は最寄りの税務署に書類一式を提出すれば良いのでしょうか。ボランティア活動から派生しての団体設立なので、まだ利益はほとんどでていないのが実情です。団体設立時の経費や各種ボランティア活動への参加費などは経費で落とせるのでしょうか。何年か後に黒字で相殺できればベストです。 *恥ずかしいことに、団体設立したのは良いのですが決算や税金関係は全く無知です。 その他、税務署に聞いてみる前に、最低限知っておくべきことなどがもしありましたら教えていただければ幸甚です。どうかよろしくお願い申し上げます。

1名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

一般社団法人を立ち上げてのお悩み事ですが、法定調書とは、所得税法などの規定により税務署に提出が義務付けられている資料なので、給与の支払いがなくてもゼロと記入して提出するようにしてください。 個人的にも株式会社の総務・経理の実務を行っていますので、同封されている手引きの中にもそのように記載があったと記憶しています。 設立時の費用、運営費は経費になります。書きかけの途中でもいいので税務署に持ち込んで相談すると丁寧に教えてくれます。ただし、確定申告時期と重なるとそうはいかなくなるので、なるべく繁忙期は避けて相談することをおすすめします。 確定申告時だけでも税理士に依頼する方法もありますが、費用が掛かるので、それを理由に躊躇してしまうのであれば、ネットでもある程度は調べることができますし、税務署でも親切に教えてくれるので、勉強のためにも自身でされてみてもいいかもしれません。 ご参考いただければ幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ニック さん

内山先生 大変ご多忙の中、丁寧にご回答いただき、本当にありがとうございました。給料は発生させてない(ボランティア)ので、スルーするところでした。本当にありがとうございました。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事