借金・債務整理カテゴリアイコン借金・債務整理

更新日:

Q

借金癖のある身内をなんとかしたい

相談者プロフィールアイコン

傍観者さん
男性 / 30代 / 東京都 / フリーランス

身内についての相談です。 身内には昔から借金をしてギャンブルをする癖があり、たびたび隠れて消費者金融に駆け込んでいます。 個人的には破産申告でもさせて借りられなくした方が良いくらいに思っているのですが、結局まわりが助けてしまうためにまた借りられるハメになってしまいます。 難しいとは思いますが、なんとか強制的に借りられなくなる方法などがあれば教えていただきたいです。 お恥ずかしい話ですが、よろしくお願いいたします。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像村井 一則(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

ギャンブル癖がある人は、非現実的な時間を過ごすことに魅力を感じてやめられなくなっていることが大部分です。それにはまず、他に夢中になる趣味を見つけることが優先になりますが、お金を強制的に借りられなくなる方法もあります。 「貸付自粛制度」という、日本貸金業協会に自粛要請をすることにより貸金業者からの借入れを登録から5年間制限することができる制度です。本人またはその親族が、本人を自粛対象として申告できます。 クレジットカードの新規契約やローン契約を契約する際に審査される個人信用情報に、「もう私には貸し出さないでください」と申請する行為です。この制度を使えば、正規の貸金業者からはまず相手にされなくなるので、借金がこれ以上増えることがなくなります。 ご参考いただければ幸いです。


村井 一則(FP)プロフィール画像
村井 一則 / ファイナンシャルプランナー

ノーリエ合同会社/ノーリエFP事務所

北海道 > 札幌市北区

傍観者さん はじめまして。ノーリエFP事務所の村井と申します。 お話を聞くと「ギャンブル依存症」になっているのでは可能性を感じますね。 消費者金融に通っているご様子なので「債務整理」して強制的に借入をできなくすることが考えられますが・・・・ 周りが手助けする人柄なのでしょう。 親戚や知人からのお金を借りるようになってしまうと新たな問題になってしまいます。 ギャンブルは興奮作用によるものですから、周りの環境を整えることも大切です。 おそらく本人も分かってはいるのでしょう。 一度快楽を覚えると抜け出すのは困難なのが、ギャンブル癖です。 ギャンブルで稼ぐのが「日常の仕事」のような認識になっている人も少なくありません。 たまに、ご自身の返済額できる額を超えても消費者金融の借り入れは、儲けで借金は相殺できると思い込んでいる債務者もいるぐらいです。 その日は負けても、明日は一発当てれば、耳をそろえて返せると思い込んでいるので、普通の生活へ戻すには、周りの人の協力と理解が必要です。 まずは、協力体制が整ってから債務整理について検討されてはどうかと思います。

ありがとうアイコン

返信アイコン
相談者プロフィール画像

傍観者 さん

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事