老後・年金カテゴリアイコン老後・年金

更新日:

Q

個人年金はいつから始めるのがいいですか?また、万が一のときに切り崩すことは可能ですか?

相談者プロフィールアイコン

ぐぴやまさん
女性 / 20代 / 広島県 / 会社員

老後、国民年金だけでは生活できないと聞きました。私が年金を受け取る歳になる頃にはさらに支給額も減っていると考えると不安です。 個人年金を始めようと思うのですがまだ社会人になったばかりでお金に余裕がありません。 だいたいみなさんどれくらいの歳で始められているのでしょうか? やはり早い方がいいのでしょうか? また、個人年金は定年する前に病気やけがなどで働けなくなった場合、積み立てていたお金を切り崩してもらうことは可能でしょうか?

1名の専門家から回答があります
田中 智幸(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
田中 智幸(FP)プロフィール画像
田中 智幸 / ファイナンシャルプランナー

ぐびやま様の仰る通り、僕も将来への不安がありましたので29歳の時に個人年金保険へ加入しました。 ただ個人年金保険は数十年前からあるのですが、段々と利率が減り続けています。 特に数年前から導入されたマイナス金利の影響で、販売停止もしくは利率が低い個人年金保険が多くなってきました。 なので加入を検討されているのでしたら早い方が良いでしょうね。 若いうちから加入した方が毎月の負担額が小さくなりますし(総支払金額は変わりませんが) 会社員だと「源泉徴収」というものがあり、生命保険だけでなく個人年金に加入していると支払う所得税が多少軽減されますので結果的に節税にもなります。 個人年金保険は保険商品となりますので、解約することで返戻金という形で受け取る事は可能ですが最後の手段に回した方がいいかもしれませんね。 ちなみにケガや入院をした時は「傷病手当金」という制度があり、大雑把に書くと給料の3分の2を最長1年半ほど受け取れます。 参考になれば幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ぐぴやま さん

回答ありがとうございます。 やはり早い方がいいのですね。早めに積み立てられるように出費を見直してみたいと思います。 また、個人年金を払っていると節税になることや、傷病手当金とゆう制度のことは知らなかったので相談してみてよかったと思います。 ありがとうございました。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事