借金・債務整理カテゴリアイコン借金・債務整理

更新日:

Q

返済の請求を無視する

相談者プロフィールアイコン

たいせいさん
男性 / 20代 / 東京都 / フリーランス

借金は5年間返済を無視し続けていたら返済の請求が来なくなると聞いたことがあります 本当でしょうか?私は今少しずつですが返済しております ですが、その話を聞いてちょと考えてしまいました 実際どうなのかは分かりませんが! その金額にもよるんでしょうか?高額ほど請求がたくさんきたり厳しくなったりすると思いますが どうなんでしょうか?何十万~何百万がやばいとか 追ってくるとかありますか? 教えてください!お願いします

2名の専門家から回答があります
内田(証券アナリスト)のプロフィール画像大類(家計アドバイザー)のプロフィール画像

専門家の回答

内田(証券アナリスト)プロフィール画像
内田 / 証券アナリスト

たいせいさん はじめまして。 金融機関で働いております内田と申します。 回答させていただきます。 借金の時効は最終返済日から、 ・銀行、貸金業者の場合は5年(信用金庫等、農協とかは10年) ・個人の場合は10年 で時効成立ですが、銀行、貸金業者の場合は裁判を起こす事により時効が10年に伸びます。 返済の請求が来ないというのは、金融機関によって違いがありますので何とも言えませんが、督促を続ける、資産があったら差し押さえに動くところもあるでしょう。 基本的には金融機関にとって貸し倒れは一定割合発生するもので、それを見込んでビジネスモデルを作っているのだから、別に返済が滞っていいと思っている気がしますが、督促しないと監督庁から利益供与が疑われるので、殆どの金融機関で形だけでも請求を続けるのではないでしょうか。 時効を待ちたいなら10年間と思っておいた方がいいです。 10年間待つという事は、その間取り立てに怯えなければいけませんし、就職も給与を差し押さえられる可能性があるので行いにくいです。 当然10年間クレジットカードも持てません。 10年時効を待つなら、ちゃんと返すなり、債務整理で自己破産するなりしたほうが、どう考えてもいいでしょう(金融機関側も払わないままズルズルいかれる方が管理が大変です)。


大類(家計アドバイザー)プロフィール画像
大類 / 家計アドバイザー

はじめまして、司法書士有資格者の大類と申します。 ご質問いただき、ありがとうございました。 元司法書士の立場から回答させていただきます。 基本的には、「時効」に関してのご質問ですね。 おっしゃるとおり、金融業者などからの借入金の返済義務は、基本的に5年間取引が無ければ時効が成立します。 つまり、法律上返済義務がなくなるということです。 ただし、返済義務消滅という効果を確定させるためには、相手業者に対して「時効を援用する」という意思表示が必要です。 この意思表示を受ければ、通常の場合、相手業者は請求をあきらめるでしょう。 しかし、その時効が成立するまでは相手も商売ですから、返済の請求をして来るでしょう。 また、5年経過していたとしても、上記「時効を援用する」旨の意思表示がない限り、返済を請求してくる可能性は十分あります。 また、業者によっては時効の成立を阻止するために、貸金の返還を求めて裁判を起こしてくる可能性もあります。 そのようなことになっては大変です。 現在、少しずつ返済されているということですね。 それが正解だと思います。 基本的には、借りたお金は返したほうがいいと思います。 返済することを約束してお金を借りたのですから。 参考にしていただければ幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事