不動産・住宅ローンカテゴリアイコン不動産・住宅ローン

更新日:

Q

住宅取得に対するローンについて。

相談者プロフィールアイコン

おみのきょさん
女性 / 20代 / 北海道 / 主婦・主夫

このたび新築住宅、土地を購入する予定ですが、 家業の法人として土地、新築を購入するか、旦那の個人としての名義で土地、新築を取得するか迷ってます。 家業の方は旦那の代で辞める予定です。 建設地は家業をやっている実家の土地ではなく、利便性の良い市内で取得予定ではいます。 1 法人として取得するメリット、デメリット 2 個人として取得するメリット、デメリット わからないことばかりですがよろしくお願いいたします。

1名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

会社名義にするためには購入、建築費用を会社が負担することになるので、お金は会社で用意します。   そして会社名義の住宅に役員である経営者が住むので、会社は役員から社宅の賃料を受け取る仕組みになります。 会社名義にした場合のメリットは 会社に社宅使用料を支払う必要がありますが、世間の相場の10~20%程度でいいので自己負担が減るということです。その分会社が負担しますが…。 会社名義で自宅を購入、建築すると 会社の経費が増えて節税になります。 その他にもその他にも自宅を購入すると・登録免許税や司法書士報酬の不動産登記費用、火災保険料、契約時の収入印紙、不動産取得税、固定資産税や都市計画税といったコストを会社の経費で対応できます。 デメリットは、住宅ローン控除を受けることができません。 契約も住宅ローンではないので借入期間も15年ぐらいまで借入利率も2%ぐらいになったりします。 個人名義の場合は、逆と考えていただければ分かりやすいと思います。 ご参考になれば幸いです。

ありがとうアイコン

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事