相続・贈与カテゴリアイコン相続・贈与

更新日:

Q

空き家の処分の処分費用

相談者プロフィールアイコン

A Oさん
男性 / 30代 / 山梨県 / 会社員

7年前に父が他界し実家が空き家になっています。 相続放棄の手続きをしましたが、7年も前なので受理されませんでした。 土地の所有者の方に更地にして返すよう言われましたが、同じく相続した兄と連絡が取れず処分できません。 土地の所有者の方は父の友人で契約の書類などはなく口約束だったそうです。 固定資産税や、土地代なども滞納しており家を処分するお金もありません。 このまま放置しておくのも困るのですが、処分する費用もありません。

2名の専門家から回答があります
原(FP)のプロフィール画像高橋(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

原(FP)プロフィール画像
原 / ファイナンシャルプランナー

AOさん 初めまして。ファイナンシャルプランナーの原です。 ご質問に回答させていただきます。 今回のケースは恐らく、借地法が適用されると思います。 もし借地契約が期間満了していた場合であれば、建物を買い取るよう請求することができます。 借地契約が終了した場合、借地人には、原則として土地を更地にして地主に返還する義務がありますが、一般に建物は多額の費用をかけれ建築され、借地契約が終了する時点においても建物の価値が残っている場合も少なくありません。そのような場合でもすべて強制的に建物を取り壊さなければならないとするのは、社会経済上不当です。 今回の場合、契約書がないということで、借家法が適用できるか不明ですが、一度、弁護士にご相談されてみることをお勧めします。


高橋(FP)プロフィール画像
高橋 / ファイナンシャルプランナー

お兄様と連絡が取れないとのことですが、戸籍謄本や住民票などから居場所を追跡する方法は無いか検討するべきではないでしょうか。 対応としては、お兄様と協力をして早く建物を処分することが必要であるように思います。 あとは、元々の契約が口約束とのことですので、お父様が亡くなられて以降、使用していない家の土地代を支払うというのは、減額の交渉余地があるように感じます。 ①お兄様の居場所の特定を進める ②弁護士無料相談利用などによる方針策定 ③固定資産税等の役所への対応相談 などを早急に実施して、対応を進めてみてください。先延ばしにしてしまうと、事態は悪化してしまいますので、お忙しいとは存じますが、ひとつずつ行動していきましょう。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

A O さん

ご回答ありがとうございます。 まずは兄と連絡が取れるよう行動してみます。
返信アイコン高橋(FP)プロフィール画像
高橋 / ファイナンシャルプランナー

ご丁寧にありがとうございます。 お兄様とうまくご連絡がつくことを願っております。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事