税金カテゴリアイコン税金

更新日:

Q

サラリーマンの副業について

相談者プロフィールアイコン

みつたけさん
男性 / 30代 / 福岡県 / 会社員

私は、妻、子供2人もちのサラリーマンなのですが。仕事が終わった後は、家に帰ってから時間が多少空くのでなにか副業を始めたいと思っているのですが、会社の就業規則では一応、副業禁止になっています。もし副業して収益があった場合は、税金等で会社にばれたりするのですか?その場合ばれない、いい方法があったら教えてもらえますか?それと、会社にばれない方法があったとして、妻にもばれない方法があれば、宜しくお願いします。

3名の専門家から回答があります
松本 菜緒(FP)のプロフィール画像西村(FP)のプロフィール画像内山(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
西村(FP)プロフィール画像
西村 / ファイナンシャルプランナー

上記の件について個人的な見解も含め回答致します。 副業禁止の会社ということで、副業が会社にバレないようにする方法を考察していきます。 副業が会社にバレるパターンとしては同僚につい話してしまうケースや住民税が特別徴収の場合、金額でバレてしまうケースがあげられます。 人は羨ましいという感情を持つ生き物なので、あなたが副業で儲かっている話を聞いて本気で良かったと思ってくれる人はいないとまずは考えて下さい。 そう考えることによって自分の口から副業をしてることが漏れるのを防ぎましょう。 もうひとつのケースが住民税の特別徴収の金額によってバレてしまうケースです。 このケースになるのを防ぐ方法として副業をするときにご自身で確定申告することになると思います。 その確定申告では住民税も同時に申告することになるのですが、住民税の申告の際、住民税を給与とは別に普通徴収にて納めるというチェック欄があるのでチェックを入れるようにしてください。 これにより副業分の住民税は普通徴収にて支払うことができるので会社にバレる可能性は低くなります。 最後に奥様にバレないようにする方法ですが、立場上、家計全体で考えなければいけないためアドバイスが難しいです。個人的には分からない口座を作ってそこに入金していく方法しかないのではないかと思います。 けんかにならない程度にご検討いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。


松本 菜緒(FP)プロフィール画像
松本 菜緒 / ファイナンシャルプランナー

はじめまして、ファイナンシャルプランナーの松本と申します。 会社に副業がバレる原因としては、住民税が関係しています。 確定申告で申告された所得に応じて課される住民税は、一般的に本業の会社経由で支払う事になり、 「給料は変わっていないのに住民税が増えている→副業をしている?」と会社側に勘付かれてしまうという仕組みです。 その対策として、確定申告の際に副業の住民税は個人で支払うという欄にチェックを入れれば良いのですが、それでも市区町村によっては適応されない所もあるので、その際は会社にバレる原因となります。 なので、ご自身の管轄の税務署に事前にこの適応が可能なのか確認しておかれる方が良いかもしれないですね。 会社で副業が禁止されている場合は、発覚すれば最悪の場合免職などのリスクがありますので自己責任で慎重に行わなければなりませんね。 それから奥様に対してですが、収入が振り込まれる口座を奥様の知らない口座にするとバレにくいとは思います。 ですが、パソコンやスマホを触る時間が急に増えるなど、副業をするには何かしら今までと違うライフスタイルになりますから、普段一緒に生活している奥様なら勘付かれるとは思いますよ。

ありがとうアイコン


内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

奥様にもバレないというのは、なかなか難しいことになります。会社にバレない方法は副業での収入があった場合の確定申告で、住民税納付の選択に自分で納付に印をつけることにより、会社からの給与収入に天引きされないで、ご家庭に住民税支払いの通知が来ます。しかしこの時点で奥様にはバレてしまうかもしれません。 働きに行くにしても奥様にはバレますし、パソコンなどでアウトソーシングするにしてもある程度稼げれば住民税の通知によりバレますので難しいかと思います。せいぜい、バレないのはアンケートサイトでのお小遣い程度の金額ぐらいしかバレない方法はありません。また女性の感は鋭いもので、やましく隠し事をしているとすぐにバレます。 逆にバラして、堂々と副業の稼ぎをされた方が効率よく稼ぐことができると思います。 ご参考いただければ幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事