相続・贈与カテゴリアイコン相続・贈与

更新日:

Q

生前贈与について必要な知識

相談者プロフィールアイコン

カイさん
女性 / 30代 / 東京都 / 会社員

両親に土地を生前贈与をしたいと言われました。 贈与したいと言われたものは、山、田畑です。 姉がおり、現在結婚して別の姓になってます。 贈与は私たち2人に行う予定です。 両親側、子供側で何か事前に準備することなどありますでしょうか? また、生前贈与はお金がかかる認識です。 現在姉妹共に土地の管理やお金を払う余裕がありません。その場合どうしたら良いのでしょうか? 手放したくないという気持ちもあります。 一番効率の良い贈与の仕方を知りたいです。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像安井 貴生(税理士)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

贈与についてお悩みですが、お考えのように贈与には贈与税がかかります。ただし、基礎控除額が110万円あるので年間110万円の贈与であれば贈与税はありません。 手放したくないのであれば現金化は難しいと思いますが、毎年110万円以内をもらう手続きにすれば非課税になります。 また、相続時精算課税制度という制度を使えば、2,500万円までは贈与時にはかかりませんが、相続時に他の資産と一緒に相続の計算がされるので、他に資産が多数あれば、一時しのぎになるだけになります。 他に相続人がいなくて、揉めることがないのであれば、贈与よりも相続を選択されると控除額が大きいので節税対策になります。もし相続が2人のみあれば「3,000万円×600万円×法定相続人」=4,200万円が控除されます。贈与よりも相続を選択するという方法も一つの手段だと思います。 ご参考いただければ幸いです。

ありがとうアイコン


安井 貴生(税理士)プロフィール画像
安井 貴生 / 税理士

藤和税理士法人

大阪府 > 大阪市浪速区

初めまして。税理士の安井と申します。 不動産の贈与についてのお尋ねですが、そもそも贈与をお考えの理由は何でしょうか? 将来、相続税が発生するためその節税が目的なのか、ご年齢等によりご両親が物件管理が困難なため贈与なさりたいのか? 贈与の目的により贈与すべきか否か、贈与すべき金額も異なってきます。 また実際に贈与を実行される際には、贈与契約書を作成し登記する必要があります。 ご自身でなさるのは困難ですから司法書士等に依頼されることとなりますがその手数料が必要となります。また不動産の贈与の場合には登録免許税や不動産取得税といった税金がかかる可能性があります。 さらに贈与される金額(不動産の評価額)が110万円を超える場合には贈与税が課されます。 以上のように、単に贈与といっても様々な税金やコストが必要です。 これらを考慮されずに贈与してしまうと後悔する可能性もあります。今回の贈与の目的を今一度明確にされてから再度ご相談いただけるとより明確な方法論が見つかるのではと思います。 ご参考頂けますと幸いです。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事