家計・ライフプランカテゴリアイコン家計・ライフプラン

更新日:

Q

生涯独身女性が一人で生きていくためにはどうしたらいいですか?

相談者プロフィールアイコン

せんさん
女性 / 30代 / 北海道 / 会社員

現在32歳独身、実家ぐらしで手取り17万円ほど、貯金が20万円くらいです。 お付き合いしている男性はおらず、将来に向けて備えようと思いますが、何から始めたらいいのか分かりません。 生命保険はかんぽの1番安いものと、これから都道府県民共済に加入予定です。 1年以内に一人暮らしを始めなければならないかもしれず、費用はいまよりかかりそうです。 NISAやイデコなど、話は聞きますがいまいちピンと来てません。 これから先のためにどんな計画を立てていけばいいでしょうか。

3名の専門家から回答があります
村井 一則(FP)のプロフィール画像内山(FP)のプロフィール画像高橋(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

村井 一則(FP)プロフィール画像
村井 一則 / ファイナンシャルプランナー

ノーリエ合同会社/ノーリエFP事務所

北海道 > 札幌市北区

せんさん はじめまして。札幌市でFPをしている村井といいます。 シングル女性のリスクとしては、老後資金の蓄えが枯渇しやすいことにあります。 女性は長生きされるので100歳を生きるものと考え、個人年金の準備はしておいて損はないと思います。 生命保険は、正社員として働いていれば、手当が期待できるので掛け捨ての保険や共済に備えていれば、当面は安心といえるでしよう。 但し、30代の独身女性の実家暮らしで考えると貯蓄額が少ないので、最低1年分の生活費は蓄えてほしいなと思います。 その上で、一人暮らしを検討していただけれは、「生活費が足りなくなって消費者金融等のお世話になる可能性は低くなる」と思います。 一人暮らしの予算ですが、手取り17万円ですと、家賃は5万以内、食費は2.5万円、冬期間は暖房費の負担が跳ね上がるので注意が必要です。 老後貯蓄用の資金を除けば、自由に使えるお小遣いは「衣服、飲み代等」は1万円ぐらいと考えていただければ、失敗は少ないのかなと思います。


内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

実家暮らしから一人暮らしをすると、家賃や光熱費が必要になるので、今よりもさらに貯金はできにくくなります。 なので、節約をして貯金をさらに急ピッチで進めていかなければなりません。それと貯金だけではなく「お金にも働いてもらう」ということで投資が必要だと思います。 普通通り生活をしていて、お金が知らない間に増えていたら、楽しいことだと思います。それをするためには老後資金の準備に最適なiDeCoや「つみたてNISA」が税制面でも優遇があるので、最近よく聞かれる理由になります。 まずは「つみたてNISA」は100円からでも始めることができます。ネット証券で申し込み口座を開設することからスタートです。資料を取り寄せて検討してみてください。 ご参考いただければ幸いです。


高橋(FP)プロフィール画像
高橋 / ファイナンシャルプランナー

今の収入の範囲内で支出をコントロールして資産形成をしていくということも大切ですが、段階的に収入を上げていくことを大きな目標としてみてはいかがでしょうか。 まだお若いですから生涯独身と決まった訳でもありません。自分の好きなこと、興味のあることを中心として世界を広げていくことが、収入を上げて新しい出会いにもつながっていくものだと思います。 収入を上げる方法としては、資格取得やスキル向上また転職活動などによる本業の収入アップがまずひとつ、それに加えて何らかの副業を立ち上げて収入のパイプを複数化していくことが考えられます。 今は個人が情報発信をすることで、それを収入に結び付けていくということが、あまり大きな費用をかけなくてもできる時代です。独身であることは自分が自由にできる時間を持っているということでもありますので、ぜひ視野を広げて新しいことにチャレンジしてみてください。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事