借金・債務整理カテゴリアイコン借金・債務整理

更新日:

Q

債務整理の必要の是非

相談者プロフィールアイコン

まろんさんさん
男性 / 20代 / 神奈川県 / 会社員

初めまして。 都内在住の者です。 現在、消費者金融やクレジットカードのリボ払いによる借金が、 300万円を超えております。 使用用途に関しましては元々、 足りない生活費を補填するために始まりました。 今となっては借金を返すために借金をする日々になっております。 収入は手取り21万。 家賃6.3万円です。 そこから、月5万円の返済になります。 ただ、残高は減っておらず、返済の見通しも立っておりません。 今後、どのような返済計画を立てていけばよろしいでしょうか。 また、債務整理は必要でしょうか。 よろしくお願い致します。

3名の専門家から回答があります
内田(証券アナリスト)のプロフィール画像内山(FP)のプロフィール画像村井 一則(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内田(証券アナリスト)プロフィール画像
内田 / 証券アナリスト

まろんさんさん はじめまして。 金融機関で働いております内田と申します。 回答させていただきます。 現状、5万円を返済されているとのことですのね、300万円を平均借入額16.5%(キャッシングは18%、ショッピングは15%になっているはずです)と計算すると、完済期間は10年8ヶ月です。 これでは長いのでので、5年で完済するように目指しましょう。 月7.4万円返済できれば、5年で完済可能です。 返済計画としては、まずは借金の一本化を目指してください。 銀行のおまとめローンで金利10%〜12%を目指すようにしましょう。 おまとめローンの審査に落ちるときは、大手消費者金融のおまとめローン、ここでもダメなら中小消費者金融のおまとめローンを組んで、借金先を減らしてください。 借金先が減れば、ローン審査は早まります。 金利10%で借り換えができれば、月の返済額は6.4万円まで減らせます。 現状、一人暮らし、家賃は少ない、収入はキチンとしていますので、無理に債務整理をする必要はないかと思います。 21万円から6.3万円を引いても14.7万円残りますし、生活費を自炊で削れば光熱費込みで7万円あれば充分やっていけるはずです。 まずは浪費から縮小していきましょう。 短期集中でドンドン返していけば、発生する金利はドンドン減り、完済までが短くなります。 無理そうでしたら、債務整理を選択するといいでしょうが、任意整理ではどのみち5年位は返さないといけなくなり、その間プラス5年ローンが組めないのでデメリットを把握して判断してください。


内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

借入金が300万円は返済が厳しく、利息も相当になっています。心苦しいとは思いますが債務整理をされたほうが、気持ちが楽になると思います。 一般的に目安としては ・年収の3分の1以上の借入金がある ・自転車操業状態になっている ・返済がしんどいと感じる すべて当てはまっているのではないでしょうか。 借入金額や借入先が多いときは、おまとめローンなどの金利の低いローンにまとめると利息も減り、完済に近づきますが、今回の場合は借入金額が多いように思います。 債務整理の中でも任意整理は、法律の専門家である司法書士・弁護士に依頼して窓口になってもらい業者と交渉してもらう仕組みです。元金は減りませんが、今までの金利の見直しと、将来にわたる利息がストップするので元金のみの返済になります。だいぶん気持ちが楽になるのではないでしょうか。 司法書士事務所・弁護士事務所では初回の相談は無料になっているところが多いです。 法律の専門家の意見も聞いてみてはどうでしょうか。 ご参考いただければ幸いです。


村井 一則(FP)プロフィール画像
村井 一則 / ファイナンシャルプランナー

ノーリエ合同会社/ノーリエFP事務所

北海道 > 札幌市北区

まろんさんさん はじめまして。ノーリエFP事務所の村井と申します。 手取りの収入からで5万円支払いは、相当苦しいでしょう。 まろんさんさんの手取り収入で考えると家賃・水道光熱費、通信費、生活必需品として使えるお金を差し引けば、3~4万円が借金で返済して生活できるレベルです。 貯金もお小遣いも返済に回した査定なので、心苦しいことを申し上げると・・ 5万円の支払いでは生活が破たんするのは時間の問題とも思われます。 支出の状態が分からないので、憶測にはなってしまいまずが、まろんさんさんの借金返済額は月々2万円以内がラインだと思います。 お金を借りる前に、2万円以内が限界と借金の返済が出来る可能額を知っていけば、今状態を回避することは十分できたのでしょう。 財産を処分して借金を整理し、カードに依存しない生活を歩まれたほうが毎月、資金繰りで苦労せず、気持ちは休まると思います。 借金しなければ生活できないのなら、早く、弁護士に相談して借金を整理することをおすすめします。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事