税金カテゴリアイコン税金

更新日:

Q

ふるさと納税について。

相談者プロフィールアイコン

ダトエさん
女性 / 20代 / 愛知県 / 主婦・主夫

ふるさと納税がとても流行っていて、お得とか、賢い主婦はふるさと納税で節約とか色々聞きますが、恥ずかしながら今だによくわかりません。 たまにテレビで特集していたりもしますが、いまいち理解できておりません。 家族の人数や、共働きか、年収によって、お得にかけられる金額も変わってくるようですが、あまり理解できていないので、なかなか始められずにいます。 ふるさと納税の事や、何がお得で、どれだけ節約になるのかなど、わかりやすく教えて頂けると嬉しいです。 よろしくお願い致します。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像高橋(FP)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

ニュースでも、ふるさと納税の返礼品が高額過ぎると、総務省が規制を本格的に検討するなど、何かと話題になっていますが、きちんと理解するには難しい制度と思います。 ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられるようになります。よく誤解されているのが、ふるさと納税をすると納める税金がゼロになると思われている方がいますが、決してゼロにはなりません。 簡単に考えると、ふるさと納税という形で別の自治体に税金を前払いして、なおかつその前払いしたことに対して、お得な返礼品がもらえますよということです。 ただ、年収や他の控除によって人それぞれ納める税金の金額が違うので、自分が納める税金(所得税・住民税)の金額を把握しないと本当の寄附だけにになってしまいます。なので、ふるさと納税のサイトでシュミレーションできるものがあり、上限額がわかるようになっています。その上限額を超えた分は控除の対象にはならないので寄附だけになってしいます。 ご参考いただければ幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ダトエ さん

簡潔でとてもわかりやすいです! 寄付すればするほど良い、という訳でもないのですね。まず一度シュミレーションしてみます。 ありがとうございます!

高橋(FP)プロフィール画像
高橋 / ファイナンシャルプランナー

ふるさと納税は、日本各地の自治体に寄附をする仕組みで、自分の居住地や出身地に限らず、どこの市町村に納税しても大丈夫です。 メリットとしては、寄附金控除が受けられるという税務上のメリットと、納税した自治体から特典の商品等が受け取れるという点があります。各地の名産品を味わって楽しみたい人にとっては、様々な特産品を受け取れることは大きな利点かもしれません。 寄附金控除については、2000円は自己負担となりますので、2000円を超えた部分について控除が適用されます。寄附金控除が受けられる上限額は、年収や家族構成などに応じて変わってきますので、大体の金額をシミュレーションで把握してから検討されることをお勧めします。例えば「ふるさとチョイス」というサイトでは、簡易シミュレーションと詳細シミュレーションの2種類のシミュレーションが可能となっており便利です。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

ダトエ さん

ふるさとチョイス、見てみます。 難しそうと思っていましたが、意外と簡単なのでは!?と思えました! わかりやすくありがとうございます!!
返信アイコン高橋(FP)プロフィール画像
高橋 / ファイナンシャルプランナー

ご丁寧にありがとうございます。 新しいことへのチャレンジ、 素晴らしいですね。 また何かありましたらご相談ください。

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事