税金カテゴリアイコン税金

更新日:

Q

2019年10月からの増税について

相談者プロフィールアイコン

さこさん
女性 / 30代 / 福岡県 / 会社員

来年10月より、消費税が増税されますが、電気代や、水道代等の、料金、ももちろん上がる事になります。 正直数年、に一回ぐらいの勢いで、増税しているこの頃ですが、物価ばかり上がって、、消費者の利益などどこにもない気がするのですが、納得いく為にも、増税をする理由は何か教えてください。 こどもが三人いるのですが、やはり、何を買うにも三人分買わなければなりません。増税には何らかの理由があるのだと承知していますが、やはり、生活費が増えるので、きちんと理解しておきたいです。

2名の専門家から回答があります
小林(FP)のプロフィール画像内田(証券アナリスト)のプロフィール画像

専門家の回答

ベストアンサーアイコン
小林(FP)プロフィール画像
小林 / ファイナンシャルプランナー

さこさん、はじめまして。 確かに、消費税が増税となるとその影響は大きいですし、納得いくものではないですよね。 ただ、消費税を増税しなければならない理由はやはりあるようです。近い将来、さこさんも年金受給の対象者となるでしょうし、今でも医療保険のお世話になっています。また、老人の割合が増えるにつれて、介護にかかる負担も大きな問題となっています。 これらの社会保障に関する財源を確保するため、消費税の税率が引き上げられたということです。消費税は所得税や法人税に比べて景気の動向に左右されにくく、毎年安定的に財源を確保できる特徴があります。この先発生する、社会保障に関する負担増という問題を解決していくためには増税もやむを得ないということです。 高い社会保障で知られる北欧諸国の消費税率は、軒並み25%前後となっています。それでも、老後まで安心して生活できる安心感から、現役世代に不満を持つ人は少ないと言われています。 日本の目指す方向性も、そのようなものなのかどうかは分かりませんが、私たちの子供や孫に大きなツケを残さないために必要なものと理解するしかありません。 税収を正しい使い道に使っているか、監視するのは国民の役割ですので、無関心にならないよう注視するとともに、選挙を通して意思表示する必要があります。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

さこ さん

詳しく説明していただき、ありがとうございました。 大事な我が子、次の世代のこどもたちに負担させるわけにはいきませんもんね☆ 増税苦しいですが、きちんと理解して、節約もがんばってみます。 ありがとうございました。

内田(証券アナリスト)プロフィール画像
内田 / 証券アナリスト

さこさん はじめまして。 金融機関で働いております内田と申します。 回答させていただきます。 まず、多くの人が勘違いしているのですが、増税する理由は国民に対して利益を与えるものではありません。 正しくは、 ①国民に対して現状、社会保障費の負担を軽くし利益を与え続けてきた ②税金で足りない部分は、国が借金する事で賄っている ③社会保障費が増加するのに伴い、バランスがいくらなんでも悪すぎるので、税金を上げている と言うのが、本当の理由です。国民に対して利益はありません。 日本の社会福祉制度は、『小負担中福祉(負担は少ないが、まあまあの年金や健康保険)』が常態化していました。 これを『中負担中福祉』に近づけなければいけないので、増税及び社会福祉を下げるという事が行われているわけです(これによって世代間の有利不利が発生します)。 負担を国民に与える中、一番いい税金の取り方が消費税とされています。 消費税は現役世代以外の年金受給者も負担しなければいけませんので、幅広く負担をとり公平です。 富裕層は使うお金が増えますし、『収入が無いが資産はある』という高齢者富裕層から税金もとれます(逆に給料から直接差し引く所得税増税では、働く世帯が貧しくなるばかりです) 消費税増税が悪いというわけでは無いという事がわかると思います。 ただし、日本の消費税の取り方は非常にいびつな形での取り方をしています。 ◆現状全ての商品に対して8%の税率をかけている ◆生活必需品や子育て費用にまで税率がかかる(さこさん家庭の様に) ◆少子高齢化が進む原因になる と言う点で、これでは将来的に一人あたりの社会保険料負担が増えるばかりです。 今回の消費税増税では、「生活必需品」などは8%のまま据え置かれる案で決まりそうです(食料品を10%にすると、世界の同じ様な税率でもトップクラスで高い部類に入ります)。 これは非常にいい案と言えますので、今後も消費税は増税されるでしょうが、購入する商品によって税率が分かれていくでしょう。 例えば、ドイツの付加価値税の標準税率は19%ですが、食料品は7%(飲食店では19%)です。 ドイツに近い形になっていくと考えています。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

さこ さん

わかりやすく教えていただきありがとうございます。 増税を理解し、納得もできました☆

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事