家計・ライフプランカテゴリアイコン家計・ライフプラン

更新日:

Q

社会復帰はいつから?悩んでいます

相談者プロフィールアイコン

ななさん
女性 / 30代 / 埼玉県 / 主婦・主夫

33歳専業主婦です。2歳0ヶ月の子と35歳の夫と3人暮らし、家庭保育、現在第二子妊娠中、来年3月出産予定です。 仕事への復帰について、考えていることで大丈夫なのか不安があるのでご相談です。 理想ではありますが、子ども二人ともを幼稚園に入れたいです。上の子は来年度プレ幼稚園です。 下の子年少・上の子年長で扶養範囲内で4~5万円分働き、 二人とも小学生になり、扶養内8万円で働き、もっと落ち着いたらフルタイム? 正社員登用のある所とご縁があると良いなあとは考えています。 世帯年収450万(月手取り26万、ボーナス年手取り60万強) 持ち家新築分譲住宅、30年ローン2年目 中古車コンパクトカー所有。ローン無し 貯蓄200万弱 第二子用の向こう1年分用の貯蓄40万(出産費用差額、お祝い行事など) 第一子用貯蓄100万弱 【固定費】9万 ローン、5万 携帯2台格安・Wi-Fi、1万 生命保険大人二人と収入の保障をする保険、3万 【流動費】11.7万 食費、6万(第二子出産後落ち着いたら5万目標) 光熱費、1万5千 雑貨、1万(消耗品、文具や家具、家に必要な細かいものが揃っていない) 子ども用品、8千(消耗品、服、グッズ) ガソリン、8千(一部会社から支給、給料に含まれる) 酒、8千 レジャー、7千 おつきあい手土産など、4千 美容・服、5千 【ほか】3万 主人こづかい、3万 給料手取り26万 支出計23.7万 貯蓄計340万 児童手当は全額貯金します。学資保険は入っていません。 ボーナスで車検・車の保険・固定資産税・火災保険・NHK年払いなどを支払い、残りは振り分けて貯金です。 支出が少しオーバーすることもあります…。 記載とは別に親からの支援があり、貯金しています。私も少しではありますが内職をしており、これもほんの少し貯蓄です。 考えが甘いところもあるかもしれませんが、 ・「幼稚園なんて言ってないで、保育園に預けて働け~!」 ・「家計のここがおかしいのでは?」 などなどありましたら、お手柔らかに…よろしくお願い致します。 長文乱文失礼致しました。

2名の専門家から回答があります
内山(FP)のプロフィール画像内田(証券アナリスト)のプロフィール画像

専門家の回答

内山(FP)プロフィール画像
内山 / ファイナンシャルプランナー

家計もしっかりと把握されて、順風満帆なご家庭だと思います。格安携帯にも変更され節約もしっかりとされています。 約400万円~500万円は最低でも必要といわれるお子様の教育資金(大学)を考えた時に、児童手当全額貯金にプラスで学資保険or「つみたてNISA」で投資などがあれば、さらにいいと思います。 突出した使い過ぎの費目は特にありませんが、保険料がやや高いでしょうか。生命保険は残された家族が困らないようにあればいいので、収入源であるご主人さんのみの加入で大丈夫です。収入の保障をする保険も健康保険でまかなえる保障と重複している場合もありますので見直す部分です。保険料を削減すればその分をさらに貯金できます。 今は家計が成り立っているので、急がずに自分の好きなことを始めてみてもいいですし、趣味から収入が得られれば、さらに素敵な生活になると思います。 ご参考いただければ幸いです。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

なな さん

お褒めの言葉にほっと胸をなでおろしました。 ありがとうございます。 主人が家計の細かいことにあまり興味がなく、自分一人で悶々としていたところだったので、本当に安心しました。 安心とはいっても、保険料の見直しや、つみたてNISAのことはしっかり調べて今後に備えていきたいですし、落ち着いたら家計を引き締めて仕事復帰に向けて動いていきたいです。 ありがとうございました!

内田(証券アナリスト)プロフィール画像
内田 / 証券アナリスト

ななさん はじめまして。 金融機関で働いております内田と申します。 回答させていただきます。 現状、2歳のお子さんがいる、妊娠中という事を考えると、今働きに出るのは現実的ではないでしょう。 体調が悪くなる時期ですので、まずは出産に向けて療養してください。 体調が悪くなり医療費がかかる方が問題です。 手取り26万円との事ですので、小さなお子さんがいる場合の理想的な支出割合を計算してみると、 費目  支出割合 予算 食費 14% 3.64万円 住居費 25% 6.5万円 水道光熱費 6% 1.56万円 通信費 5% 1.3万円 教育費 10% 2.6万円 保険料 6% 1.56万円 趣味・こづかい・交際費・被服費・その他 20% 5.2万円 日用雑貨 2% 0.52万円 貯蓄 12% 3.12万円 となります。 ローンは少ないので車込でも全体の家計はいい水準です。 食費は今だと思うように動けなくて大変になる時期でしょうから、出産後に頑張ってください。 他の項目も概ね予算内ですが、ひとつ余分そうなのが保険です。 保険料月3万円と言うのは収入に対して掛けすぎと言えるでしょう(収入保障を付けるのは、旦那さんが自営業者なのでしょうか?)。 ななさんは専業主婦ですので、大きな保障は要らないと思います。 ゆうちょや掛け捨ての保険を利用するなどして、予算内を目指してください。 もう一つやっておくとすれば、家で行える副業で月1万円稼ぐ技術を磨くことです。 家にいながら、子どもが寝ている時のスキマ時間を利用して収入を得る事ができれば、将来に向けて大きな収益源になります(現在はソーシャルクラウドが発達して、内職はやりやすいです)。 月1万円でも10年で120万円にもなり学資保険料位にはなるので、是非試してみてください。

返信アイコン
相談者プロフィール画像

なな さん

ありがとうございます! 体調をお気遣いいただき、とても嬉しく思います。 また、理想の家計予算を見て、「ここは頑張らないといけないんだな!」と思いました。しっかりとメモをしておいて、落ち着いたらまた改めて家計を見直していきます。 収入保障、もしかしたら専門用語が曖昧なため、違うのかもしれませんが、「死亡や介護状態になり、働けなくなったときに月々お金がもらえる」という保険です。 保険も見直す必要がありそうなので、規約などをもう一度見直し、主人と相談してみます。 内職も出来る時にこつこつとやっていこうと、モチベーションが上がりました! 本当にありがとうございました!

投稿内容を閲覧になる場合、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご参考いただくようお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事