年収400万円の家賃の目安・相場は6万円から7.5万円(年収の25%~30%)|年収400万円の家賃相場や税金・手取額なども解説

記事ライター画像
おかねアンサー編集部

更新日:

年収400万円の場合、家賃相場はどのくらいなのか、どんな部屋に住めるのかを具体的に解説しています。また、独身一人暮らし、子供なしの夫婦、子供なしの夫婦など状況別に家賃相場や間取りなども説明しています。

お金の専門家に相談をしたい方はこちらから。
お金の悩みや疑問を抱える方へ、おかねアンサーの専門家が無料でアドバイス。

専門家に無料で相談する
相談バナー左の女性アイコン相談バナー左の男性アイコン相談バナー右の男性アイコン相談バナー右の女性アイコン

1. 年収400万円の家賃の目安・相場

年収400万円の家賃相場(目安)は、6万円~7万5,000円程度です。給与所得・自営などの業務形態や世帯構成、社会保険の金額などによって異なりますが、20%~25%が税金や保険料で取られるため、実質の手取り金額は300万円前後となります。

家賃は毎月の固定費のため、目安よりも極端に高い家に住むことは避けた方が良いでしょう。安い家賃の家に引っ越そうと考えた時でも、引っ越し費用や物件を借りるための初期費用などがかかります。

以下では、独身一人暮らしや夫婦など、それぞれのケースに合わせて家賃の目安やポイントを紹介しましょう。

独身一人暮らしの場合

独身一人暮らしの場合、広い間取りの家を必要としない方が多いことから、年収400万円でも家賃相場は6万円~8万円程度です。自分の生活費以外にかかるものはありませんが、扶養家族がいる方に比べて扶養控除がない分、税金の負担は大きくなります。

ワンルームや1DK、1LDKの間取りでも十分生活していけるため、家賃相場は安くなりがちです。ただし都会で交通の便が良い場所を選択するなら、8万円程度の出費は必要でしょう。

家賃10万円でも不都合は感じないかもしれませんが、貯金を増やしたい場合は6万円~8万円程度で抑えることが大切です。

夫婦(子供なし)の場合

子供なしの夫婦なら、2DK~2LDK程度の家を探すことが多いため、家賃の目安は7万円前後です。一人暮らしに比べて間取りが広くなるため、利便性が良い物件やきれいな物件を選ぼうとするともう少し家賃は高くなるでしょう。片方が無職または扶養範囲内で働いている場合、一人暮らしより扶養控除分の税金が優遇されます。

2人分の生活費が必要になることから、一人暮らしと比べて家賃を抑えることが大切です。都心部では家賃が高額になりやすいため、7~8万円までで収まる物件を探すことがポイントになります。

参考:国税庁|扶養控除

夫婦(子供あり)の場合

子供ありの夫婦では、さらに広い間取りが必要になるため、家賃相場も7万5,000円程度に上がります。子供が1人で小さいうちは2DK程度でも問題ありませんが、自分の部屋を欲しがる頃になれば、3DK~3LDKの間取りが必要となります。

エリアによっては7万5,000円までで3LDKの物件を探すことが難しくなるため、やや郊外や地方都市を選ぶなど、家賃を抑える工夫も必要となるでしょう。

2. 年収400万円の人が審査に通る家賃の上限額の目安

年収400万円で賃貸物件を借りる時、家賃上減額は、だいたい年収の25%までが目安です。物件を借りる時は保証会社やオーナーによる審査が行われます。

家賃が高い場合、審査に通らないことも考えておきましょう。もちろん、年収はあくまでもひとつの要素で、その他の条件もかかわってきます。年収の25%までなら必ず審査に通るわけではありません。

3. 年収400万円の人だとどんな部屋に住めるか

年収400万円の人がどんな部屋に住めるかは、物件を探しているエリアによって大きく変化し、東京都心部ならワンルーム、郊外や地方都市なら広めの2LDK~3DKでも住むことができるでしょう。独身一人暮らしで家賃の上限が上がる場合は、物件の選択肢も増えてきます。

地方都市でも、駅に近く利便性の良いエリアにある築浅2LDK~3DKの物件は家賃8万円以上です。ある程度利便性や築年数など、重視する項目を満たす物件を選ぶ必要が出てきます。

4. 家賃が年収の30%を超えると家計負担が重くなる

家賃が年収の30%を超えた場合、毎月の負担が重くなります。たとえば、家賃14万円の物件に住んだ場合のことを考えてみましょう。

実際の手取りは300万円ほどですから、毎月の手取りは約27万円です。そこから14万円の家賃を引くと、残りは13万円しかありません。

一人暮らしなら13万円あれば食費、雑費、通信費、公共料金などを支払っていけるでしょう。食費5万円、雑費1万円、通信費と公共料金で2万円としても残りは5万円です。

そこから趣味の費用や被服費、保険、交際費、車などの固定費を捻出すれば残りはほぼありません。

さらに、夫婦や子供のいる家庭では、数人分の生活費をまかなう必要があります。無理をして高い家賃を払うより、手ごろな物件を見つけることが重要です。

お悩みが解決しない方へ

お金の専門家に相談をしたい方はこちらから。
お金の悩みや疑問を抱える方へ、おかねアンサーの専門家が無料でアドバイス。

専門家に無料で相談する
相談バナー左の女性アイコン相談バナー左の男性アイコン相談バナー右の男性アイコン相談バナー右の女性アイコン
この記事のライター
この記事のライターの画像
おかねアンサー編集部

記事内容の閲覧につきましては、ご自身の責任のもとに適法性・有用性を考慮してご参考いただくようにお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事