借金返還(返済)中でも生活保護は受けられる(金額無関係)|個人の精神病患者の場合や嘘をついた場合、生活保護中の借金支払いの相談など紹介

記事ライター画像
おかねアンサー編集部

更新日:

借金があるときに生活保護を受けることについて解説しています。そもそも借金があっても生活保護は受けられるのか、生活保護受給中に借金を返済しても良いのかということに加え、受給前の債務を減額・免除してもらう方法についてもお伝えしていきます。

お金の専門家に相談をしたい方はこちらから。
お金の悩みや疑問を抱える方へ、おかねアンサーの専門家が無料でアドバイス。

専門家に無料で相談する
相談バナー左の女性アイコン相談バナー左の男性アイコン相談バナー右の男性アイコン相談バナー右の女性アイコン

1. 借金があると生活保護を受けられない?

「借金があったら生活保護を受けられない」

こんな話を聞いたことはありませんか?

生活保護を受けようという人は生活に困窮しているはずですから、借金があっても不思議ではありませんね。

はたして、本当に借金があると生活保護を受けることができないのでしょうか?

結論から言えば、借金があっても大丈夫、生活保護は受給できます。

生活保護の受給要件は「最大限の努力をしても、収入が一定の最低限度の生活費に達していない」ということだけです。

しかし、生活保護費を受け取りながら借金を返済してもいいのか、どうにか借金を減らしていく手段はあるのかという問題も出てきます。

そこで今回のおかねアンサーでは、「借金があるときに生活保護を受けること」について以下のことを中心に解説します。

  • 生活保護を受けていても、借金返済はできるのか
  • 受給中にこっそり返済をすることは可能か
  • 生活保護を受けるとしても、借金を減らすにはどうすれば良いのか

この記事を読めば、たとえ借金があっても安心して生活保護を受ける方法が分かるはずです。

ぜひ、最後までご覧ください。

2. 借金を返済しながらの生活保護受給はできない

はずはじめに、借金を返済しながら生活保護を受給することは可能かということについて解説します。

原則として、生活保護を受けている間に返済することはできません。

なぜなら、それは生活保護制度の趣旨に背くことになってしまうからです。

生活保護は「生活困窮者に対し、健康で文化的な最低限度の生活を保障する」ためにある制度です。

最低限度の生活費とは、以下のものを指します。

  • 食費・被服費・光熱費など日常生活に必要な費用
  • 住宅にかかる費用
  • 義務教育に必要な学用品費など
  • 医療・介護サービスの費用
  • 出産費用
  • 就労するために必要な技能修得などにかかる費用
  • 葬祭費用
最低限の生活費

出典: www.city.ichihara.chiba.jp

当然ではありますが、借金の返済は適用外です。

とはいっても、法律にはっきり「借金の返済は禁止」と明記されているわけではありません。

どうしても返済の必要がある場合、必ず福祉事務所に相談の上で了承を得てから行ってください。

ばれないで借金の返済を進めることはできるか?

こっそり借金を返済しようと考えても、すぐに福祉事務所にばれてしまいます。

福祉事務所には受給者の金融機関口座を調査する権利が与えられているため、不審点があればすぐに調べられます。

もし借金返済がばれてしまえば、最悪の場合は保護費の打ち切りにもなりかねません。

借金を返済することが「不正受給」とされてしまうためです。

他にも借金返済が見つかったときには、以下の処分が想定されます。

  • 返済した額の一括返還をせまられる
  • 返還には高額の罰金が上乗せされることもある
  • 刑事告訴されて懲役や罰金を科される

隠し通すのは不可能と考え、絶対にこっそり返済をするのはやめましょう。

3. 生活保護の受給前にできた借金は任意整理や自己破産で解決する

生活保護の受給前にできた借金は、任意整理や自己破産で解決しておくのが得策です。

そこで、ここからは債務を軽減するための以下の二つの方法について解説していきます。

  • 任意整理で借金を減らす
  • 自己破産で借金を0にする

生活保護の受給前にできた借金①:任意整理で借金を減らす

生活保護の受給前にできた借金は、任意整理をすることで返済額を減らせる可能性があります。

任意整理とは「返済が可能になるように支払い方法や返済額を見直す」という債務整理方法です。

裁判所は関与せず、 債権者である金融機関に直接交渉をすることになります。

債務者本人が交渉しても構いませんが、一般的には弁護士や司法書士の助けを借りて交渉を行います。

具体的な任意整理の内容には、次のようなものがあります。

  • 利息の免除
  • 遅延損害金の免除
  • 今までの過払い金による借金の減額交渉

特に、今までに過剰な利息を払い続けていたときに生じる「過払い金」による借金の減額には、大きな効果が期待できます。

とりわけ2010年以前に消費者金融から借りているなら過払い金がある可能性が高いので、任意整理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

任意整理の流れは、以下のようになっています。

任意整理の流れ

出典: www.kawailaw.com

生活保護の受給前にできた借金②:自己破産で借金を0にする

生活保護の受給前にできた借金は、自己破産によって0にできる可能性があります。

自己破産とは「裁判所から認められることで、税金以外の借金すべてについて返済義務が免除となる」債務整理方法です。

大変ありがたい制度ではあるのですが、債務者が裁判所に出頭しなければならないなど手間は大きく、また他にも以下のようなデメリットが発生します。

  • ブラックリストに載る
  • クレジットカードが利用できなくなる
  • 職業が制限される
  • 財産が没収される

とはいえブラックリストに載るのは5〜10年間に限り、それが過ぎればクレジットカードも所有できるようになります。

財産とは現金や預貯金・保険・資産価値のある不動産や動産などで、すべて処分して返済に充てた後でなければ、自己破産の申請はできません。

自己破産の流れは、以下のようになっています。

自己破産の流れ

出典: www.kawailaw.com

4. ローン会社からの生活保護費の差し押さえはあるのか?催促は止まる?

ローン会社から生活保護費を差し押さえられることはありませんが、督促が無くなるわけではありません。

まず、生活保護費の差し押さえは法律で禁止されています。

なぜなら、最低限度の生活を保つための保護費から返済をすれば、最低ラインの生活費を保てなくなるからです。

しかし、ローン会社からの督促がなくなるとは限りません。

生活保護受給中の借金返済は禁じられていることに矛盾するようですが、 被保護者に借金の返済を要求すること自体は違法ではないというのがその理由です。

とはいえ、たとえ裁判を起こされても絶対に返済は不可能ですから、怖がることはありません。

もし督促を止めてほしいなら、ローン会社に事情を話して返済が禁じられている旨を説明しましょう。

5. 借金があるときの生活保護の受給についてのまとめ

借金があるときに生活保護を受けることについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

この記事のポイントは、以下の通りでした。

  • 生活保護を受けることに借金のあるなしは関係ない
  • 生活保護を受けながらこっそり借金を返済すると、不正受給により保護費の四球がストップすることもある
  • 任意整理や自己破産をすることで、借金の軽減や返済の免除ができる

なお、生活保護受給中は、借金の返済のみならず新たに借金をすることもできません。

法ではっきり禁止されているわけではありませんが、借りた金銭が「収入」と見なされるため、保護費の減額や保護の停止処分に繋がってしまいます。

さらに、当然のことながら返済義務は残ってしまいます。

これでは借金した意味がないどころか大損ですから、生活費が足りなくなったならまずは福祉事務所に相談するようにしてください。

生活保護=借金関連の話からは距離を置く、というふうに理解しておいてくださいね。

おかねアンサーでは、他にも役立つ記事を多数掲載しています。

ぜひご覧ください。

お悩みが解決しない方へ

お金の専門家に相談をしたい方はこちらから。
お金の悩みや疑問を抱える方へ、おかねアンサーの専門家が無料でアドバイス。

専門家に無料で相談する
相談バナー左の女性アイコン相談バナー左の男性アイコン相談バナー右の男性アイコン相談バナー右の女性アイコン
この記事のライター
この記事のライターの画像
おかねアンサー編集部

記事内容の閲覧につきましては、ご自身の責任のもとに適法性・有用性を考慮してご参考いただくようにお願いいたします。

お金の専門家に24時間いつでも無料
相談ができる日本最大級のお金の相談サービス
専門家に無料で相談する

新着記事